SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デロイト、消費材企業向けに「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を本格提供

 デロイト トーマツ コンサルティングは、広告宣伝や販売促進などマーケティング施策のROIを可視化し、短期の利益獲得、中長期のブランド育成を実現する「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」の提供を本格的に開始した。

  同ソリューションは、データアナリティクスとマーケティングオペレーションのナレッジ・経験の組み合わせによって、従来見極めるのが難しかった、テレビCMやマークダウン(値下げ)といった、個別の宣伝・販促施策のROIを可視化。それぞれの施策がもたらす利益を試算することで、利益を最大化する施策への最適な投資配分を導き出す。

 また短期的な利益に留まらず、ブランドマネジメント視点で中長期的なブランド育成に向けた投資最適化の仕組みを構築する。

 グローバル企業と比較して収益性の劣る日本の消費財企業が、収益性を確保しながら持続的成長を実現するには、原価率の改善や生産性向上と共に、投資額が大きくかつその効果性・効率性がP/Lに多大なインパクトを与える、マーケティング費用や販売促進費用の投資最適化が求められる。

 同社は「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を通じて、投資効果・効率の最大化を図り、日本の消費財企業の成長性や収益性の持続的な向上を支援する。

【関連記事】
デロイト、日系企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するコンサルティングを提供開始
デロイトトーマツ、オムニ時代の経営意思決定を支える「マーケティング投資最適化」アナリティクスを開始
日本のメディア利用に関する成熟度は発展途上【デジタルメディア利用実態グローバル調査2014】
テレビよりもオンライン広告の影響が強いのは日本のみ、オンラインでの商品認知経験率は69%でトップ 【日・米・英・独・仏・豪6か国調査】
ウエルシアHDとCCCマーケティング、メーカ―のマーケティング支援行う新会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/09 11:30 https://markezine.jp/article/detail/26593

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング