SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、ゲームアプリのアクティブユーザーの利用促進を図る「リフトアップ広告」を提供

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォンゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games」において、アクティブユーザーのさらなる利用促進を図る「リフトアップ広告」の提供を開始する。

 近年、既にスマートフォンアプリの離反ユーザーを対象に再度利用を促す目的で配信される「リエンゲージメント広告」の活用が拡大する中、ゲームアプリに特化した「Dynalyst for Games」は前年比200%以上の成長を遂げてきている。

 「Dynalyst for Games」はユーザーの利用状況やステータスなどをもとにエンゲージメントのレベルを解析してリアルタイムにセグメントを作成し、各ユーザーに対して最適化された広告を配信できるのが特徴で、国内外のゲーム企業に利用されている。

 今回提供を開始する「リフトアップ広告」では、これまで「リエンゲージメント広告」領域で培ってきたアルゴリズムやナレッジを活用。利用頻度の高いアクティブユーザーを対象に、よりアプリへのエンゲージメントを深めDAU(デイリーアクティブユーザー)や課金額、課金率などのマーケティング指標の向上を目的とした広告配信をすることが可能となる。

クリエイティブのイメージ
クリエイティブのイメージ

 また同社は今回の機能追加にあわせ、「リフトアップ広告」の配信対象ユーザーと非対象ユーザー間での各指標のA/Bテスト結果を可視化できるレポート機能の提供も開始。2017年9月中旬より順次本格配信を開始する予定となっている。

【関連記事】
アドフラウドが最も多いアプリのカテゴリは、ニュースおよびエンターテイメント【AppLift調査】
アプリ運営プラットフォーム「Yappli」がMA連携を開始 カスタマージャーニーに沿った通知を実現
Square、電子レシートを顧客エンゲージメントツールにする「Square メッセージ」提供へ
ヤフーと三井住友フィナンシャルグループが提携 アプリ開発やデジマ行う合弁会社も設立
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/24 08:30 https://markezine.jp/article/detail/26977

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング