MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LINEの運用型広告、1日1社限定の「First View」リリース 最上部限定表示で大量リーチ

2017/08/28 12:00

 LINEの運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」に、新オプションメニュー「First View」が追加された。同メニューは1日1社限定で、コミュニケーションアプリ「LINE」のタイムライン上の広告掲載領域の最上部限定で広告を表示できる。

 LINEは、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新オプションメニュー「First View」の提供を開始した。

 同プラットフォームは、コミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象として、月間4,100万人以上のユーザーが広告に接触する「LINE」のタイムライン(LINE社内調査より)での広告表示テストを2015年より開始。2016年6月からは運用型広告配信システムの導入、および「LINE NEWS」サービス内での広告配信の本格運用を開始した。以来、2017年1月末時点で1,000以上の企業・ブランドに利用されている。

 今回提供を開始した「First View」は、「LINE Ads Platform」における「LINE」のタイムラインの広告掲載領域の最上部限定で広告を表示することができるオプションメニューとなっている。この掲載領域は24時間で約1,800万人へのリーチを見込めるため、短期間に多くのユーザーへのリーチが可能で、より計画的かつ大規模なプロモーションができる。

 現段階では動画形式のフォーマットのみに対応しており、今後変更・追加される可能性がある。また、配信期間は0時から23時59分まで、配信開始のタイミングのみ任意で設定でき、1ユーザーあたりのフリークエンシー上限1回、1日1社限定での掲載となっている。

【関連記事】
「LINE@」が10月上旬にリニューアル 公式アカウントの機能を一部開放
博報堂DYデジタルとLINE、広告効果測定の精緻化目指したプロジェクト始動 独自の指標確立へ
LINEの活用で学生の未返信率を削減~パイプドビッツ、新たな情報配信システムを構築
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開
「LINEショッピング」の会員数、リリースから1ヵ月半で500万人突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5