MarkeZine(マーケジン)

記事種別

逆転発想のウェブサービス!キーワードはインターネット×クリーニング×倉庫

2008/02/26 11:00

様々なものを組み合わせて、新たなサービス(事業)が創り上げられることはよくあることですが、今回のキーワードは、クリーニングと倉庫。この2つがどのような形で融合し、ウェブサービスとして提供されているのか見てみましょう【バックナンバーはこちらから! 】。

クリーニングと倉庫に着目したサービス

 ごった煮的な内容をとりあげていく本連載ですが、今回は面白いウェブサービスを発見したのでご紹介します。「DRESSPHILE」というサービスです。

 どのようなサービスなのかというと、自分の部屋に置いておく余裕がない…もしくは、しばらく使う予定がない洋服を倉庫に預けておくことができ、かつ同時にクリーニングもしておいてくれるというものです。このサービスの面白いところは、インターネット上のサービスと連携しており、預けた洋服がネット上のウェブサービス内の自分自身の管理ページ内で管理でき、かつ必要になったときには、PCを使ってファイリングされた洋服を「引き出す」指示をすれば、自宅まで配送してくれる所にあります。気になる料金は、以下の通り。

費目 料金
入会金 0円
月会費 0円
倉庫保管料 290円
集配料金 0円(但し5点以上の引き出し)

クリーニング料 別途(料金の一覧はこちら

洋服大好きな人は必見?

 ちなみに、利用の手順は以下のようになっています。

No 内容 説明
預けたい洋服の梱包 まずは、インターネット上からDRESSPHILEのページで会員登録をし、預けたい洋服類を段ボールに梱包します。
PCの管理画面から集荷依頼 管理画面から集荷依頼を指示。ヤマトが集荷にきてくれます。
DRESSPHILE社にて検品(到着) DRESSPHILE社にて到着商品の検品作業を実施。
データベース化 預かった洋服類が他人のものと混同しないように、バーコードを洋服類1点ごとに付加してデータベースにて管理。
クリーニング 提携先のクリーニング工場にて、預かった洋服類をクリーニングします。
写真撮影 クリーニングが完了した商品の写真撮影を行い、④のデータベースと紐付けを行います。また、同時に会員のウェブ管理ページに「預かり商品」として掲載。ユーザーは、いつでも預けている洋服類をチェックすることが可能。
アパレル専門倉庫で保管 空調のかかったアパレル専門の倉庫にて管理。

 なお、本サービスの利用方法などについては、Flashで操作方法が閲覧できるようになっているのでご参考ください。PC上に自分の洋服タンスが持てるというのは、なかなか面白いですね。洋服類を買いすぎて管理できない人や、山ほど洋服をもっているモデルさん&芸能人の方などには人気がでるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5