MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オープンエイト、AIでユーザーごとにキュレーション動画を生成する機能開発 動画広告自動生成も今後提供

2017/10/18 11:35

 オープンエイトは、AI技術を活用してユーザーの嗜好に沿った動画を自動生成する機能を開発した。動画コンテンツを分析して写っている要素で分類し、キュレーション動画を生成する仕組み。今後動画広告自動生成サービスとして広告主への提供を予定している。

 オープンエイトは、AI技術を活用して、ユーザーの嗜好にパーソナライズした動画コンテンツを自動生成する機能を開発した。すでに同社が運営する動画マガジン「ルトロン」内で「LeTRONC AI」として活用が始まっており、今後BtoBでのビジネス展開を予定している。

 「ルトロン」は「おでかけに特化した動画メディア」で、月間1,000本以上のスポット動画を自社配信し、現在 4,000 本ほどのコンテンツを提供している。

 「LeTRONC AI」では、このルトロンが保持する大量の動画をシーン毎に分解。次に、シーンに映っている「パンケーキ」や「カフェ」などすべての情報をAIによって解析し自動で言語化する。

 そして、それぞれのシーンと言語化されたキーワードの関連度をオリジナルのAIによってスコアリングし、スコアリングされたシーンを元にAIがテーマを決め自動編集し、新たにキュレーションされたコンテンツが完成する仕組みとなっている。

 現在、ルトロンではこの「LeTRONC AI」を用いて人の手を加えずにコンテンツを制作し、完成度の高いものから順次配信しているという。動画・ルトロンの持つ全文記事・店舗の位置情報を多変量解析して、動画分析の精度を高めている。

 年内には、AIを活用してユーザーの行動履歴や動画の視聴深度を分析し、ユーザーの趣味嗜好に合った動画コンテンツをルトロン内の動画アーカイブから抽出して組み合わせ、特集動画を自動生成できるようにしたいと同社は語っている。

 なお同社は広告主向けに多変量動画広告を生成するサービスについても準備を進めており、試験的にルトロン以外の動画活用を始めている。

【関連記事】
DAC「AudienceOne」、CAの動画アドネットワーク「LODEO」と連携 ターゲティング拡充
動画サービス利用率が76%に/テレビ局系サービスの利用率増【博報堂DYメディアパートナーズ調査】
ニューズピックス、スマホに特化したブランド動画広告の新プラン3つを同時リリース
10代はスマホ動画を1日80分視聴 高校野球の視聴も約3割がスマホで(ジャストシステム調査)
トレンダーズ、ジーニーと提携し6秒動画に特化した動画広告配信サービスをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5