SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレーディングデスク事業のs1o、GRueと共同でマーケター向けのデータ分析教育カリキュラムを開発

 トレーディングデスク(※)事業を展開するエスワンオーインタラクティブと分析型マーケティングソリューションを展開するGRueは2017年5月の業務提携を経て、2017年11月にマーケター向けにデータアナリストのディレクションを円滑に行うことを目的とした教育カリキュラムを開発した。

教育カリキュラムの構成
教育カリキュラムの構成

 近年、企業内のデータが多様化・大量化し、データアナリストによる分析対応が進む一方で、マーケターとデータアナリストの連携がうまくいかないことも少なくない。特に、マーケターが「適切な仮説設定」「分析目的の明確化」「得られた示唆に対する打ち手の再現性」を鑑みることなく分析のディレクションを行ってしまうケースが散見されるという。

 事業視点を持ったマーケターと、データ起点で分析業務を担うデータアナリストという異なるバックグランドを持つ双方が、共通言語を獲得し、ベースとなる知識・知見を共有することが課題だが、データ分析領域の専門性の高さがハードルとなっている。

 そこでエスワンオーインタラクティブはGRueと連携し、マーケター向けの教育カリキュラムを開発した。基礎知識を得るための基礎編、実際の分析業務をワーク形式で行う応用編の2つの構成となっており、マーケターが分析案件をより適切にディレクションすることに寄与することが目的だ。

 今後の展開としては、まずは年内にカリキュラムの基礎編を無料セミナーとして展開し、その後、ワーク形式カリキュラムを有料版として外部のマーケター向けに展開する予定。

(※) トレーディングデスク:広告主に対して複雑化した広告配信技術導入を支援し、広告キャンペーンの設計からレポーティングまでの運用をワンストップで行うとともに、複数のメディアやアドネットワークを横断し、最適した入札・購入を行う組織。

【関連記事】
エスワンオーインタラクティブとCandeeが提携 動画制作×トレーディングデスクを実現
エスワンオーインタラクティブ、IASと提携 ブランドセーフティなどの取り組みを強化
エスワンオーインタラクティブとGRueが連携~データサイエンスを活用しトレーディングデスク強化
VOYAGE GROUPとエスワンオーインタラクティブの合弁会社、トレンダーズとPMP導入支援を強化
エスワンオーインタラクティブとMomentum、アドフラウド対策・アドベリフィケーションで提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング