SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インフルエンサーの3割以上がスマホ以外で撮影/使ってる加工アプリも明らかに【ミンツプランニング調査】

 Mint’z Planning(ミンツプランニング)は、インフルエンサーに自社サイトを通じてアンケート調査を実施した。調査の中では、インフルエンサーが投稿するにあたりどういった工夫をしているのか聞いた。

インスタへの投稿写真、3割以上が「スマホ以外」で撮影

 撮影手段について聞いたところ、スマホを利用している人が6割にとどまり、3割以上のインフルエンサーがミラーレス一眼レフやGoProを利用しているという結果が出た。

複数使いは当たり前、使っている加工アプリは?

 「よく利用しているアプリ」(複数回答可)に関する回答からは、複数のアプリを駆使して写真を加工し、納得いく1枚ができてから自分のインスタグラムのフィードへ投稿していることがわかった。

 使用している写真加工アプリは多岐に渡るが、同じアプリを利用しているユーザーが多いこともわかった。特にBeautyPlusとInstagramのフィルター加工が人気だったが、その他の写真加工アプリを使用しているユーザーも多数も見受けられた。

 たとえば、7名のインフルエンサーが使用していると答えた「Foodie」は2016年にLINEがリリースした”食べ物に特化”したアプリ。しかし、写真に色彩を持たせたり、ぼかしを入れたりアレンジの幅が広いという特徴があることから「食べ物以外にもこのアプリを使用する」という声が聞かれるなど、自分なりの写真加工を模索しているインフルエンサーたちの姿が垣間見られた。

約7割のインフルエンサーがインスタで撮影場所を検索

 フォトスポットの情報を約7割のインフルエンサーがInstagram上でリサーチしていることも明らかになった。

 ハッシュタグ検索・スポット検索によって「リアルな感想を見られる」、「トレンドが分かりやすい」という意見が多く見られた。また、「同じ写真を撮りたい」という動機で特定の観光地や店舗に足を運ぶユーザーの声も多く寄せられた。

【調査概要】
調査対象者:20~30代のインスタグラムのアカウントを持つインフルエンサー(※)63名
調査方法:当社運営のインフルエンサーお仕事管理専用アプリ内にてアンケートを実施、回答を集計
調査期間:2017年9月13日~9月20日
※インフルエンサー=1,500~100,000名のフォロワーを持つインスタグラムユーザー

【関連記事】
インスタ、タグ無しタイアップ投稿にはタグ付け推奨をアプリ内通知
トレンダーズ、Twitterに特化したインフルエンサーネットワークの提供を開始
SDMとグリー子会社、ペットインフルエンサーコミュニティを運営
フォロワー数1,500人以上のインフルエンサーなら採用を優遇!オンデーズ、特別採用枠を設置
BitStar、インフルエンサーを起用したTwitterプロモライブビデオ制作配信パックを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/16 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27479

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング