MarkeZine(マーケジン)

記事種別

先進企業はこうして売っている 海外展開の成功事例『サービスイノベーションの海外展開』

2018/01/15 07:00

 話題の書籍のダイジェスト版を紹介する連載「Book Navigator」。今回は『サービスイノベーションの海外展開』(伊丹 敬之/高橋 克徳/西野 和美/藤原 雅俊/岸本 太一 著、東洋経済新報社、2017年9月)を取り上げます。

 ※本記事は、2017年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』24号に掲載したものです。

サービス業の海外展開は難易度が高い

 日本企業の海外展開で、一般的に想像されやすいのは、製造業の生産拠点としてだろう。主に海外における需要増加を見込んで、現地の生産体制を整える目的で行われるものだ。

 しかし一方で、そうした既存の需要を見込んでの海外展開ではなく、新たに現地の需要を生み出し、確立するために海外進出をして成功する企業もある。

『サービスイノベーションの海外展開』伊丹 敬之/高橋 克徳/西野 和美/藤原 雅俊/岸本 太一 著東洋経済新報社2017 年9月
『サービスイノベーションの海外展開』
伊丹 敬之/高橋 克徳/西野 和美/藤原 雅俊/岸本 太一 著、東洋経済新報社、2017年9月

 本書『サービスイノベーションの海外展開』ではそうした企業のうち、サービス産業の成功事例を紹介、成功の要因を分析している。一般にサービス産業の海外展開は、製造業のそれより難度が高いとされている。その理由は様々だが、中でも大きいのが、サービス産業に「生産と消費が同時に行われる」という性質があることだ。

 サービス財は「輸出」ができない。国内で製造し在庫してから海外へ輸送・販売するというプロセスが踏めないのだ。製造業であれば、本格的な展開の前に輸出で現地の反応を確かめられる。それができないサービス産業では、海外展開は始めから本格的な展開にならざるをえないのだ。

 本書ではそうした困難を乗り越え、海外展開を成功させた事例として良品計画(無印良品)・大戸屋・セコム・公文教育研究会を取り上げ、その経緯などをリポートしている。

 主著者の伊丹敬之氏は現在、国際大学学長、一橋大学名誉教授。共著の4人は東京理科大学大学院イノベーション研究科、あるいは一橋大学大学院商学研究科に所属する研究者である。

情報工場は厳選した書籍のハイライトを3,000字のダイジェストで配信するサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を運営。国内書籍だけではなく、まだ日本で翻訳されていない海外で話題の書籍も日本語のダイジェストにして毎週、配信。上場企業の経営層・管理職を中心に8万人超のビジネスパーソンが利用中。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5