MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2018年はデジタル広告費がテレビ広告費を上回る?世界の広告費成長率を予測【電通イージス調査】

2018/01/17 14:30

 電通イージス・ネットワークは、世界59ヵ国・市場から収集したデータに基づき、世界の広告費成長率予測を取りまとめ、発表した。

2018年の総広告費は2017年を上回り3.6%成長

 世界の広告費成長率は、中央および東ヨーロッパを除く世界各地で成長がやや鈍化したことにともない、2017年は2016年対比で低下する見込み。一方2018年は世界の広告市場の3分の1を占める北米をはじめ、アジアパシフィックやラテンアメリカでの成長が上向くことから、2017年を上回る3.6%の成長となり、総広告費は5,895億ドルになると予測した。

 この成長率には、主にデジタル広告の拡大と「2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック競技大会」「2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントによる貢献が反映されている。

2018年の成長率、中国は減速の傾向か?日本は若干の成長予測

 国別で見ると、2018年の成長率の傾向は一様ではない。たとえば、米国、ドイツ、インドでは大きく伸びる一方、英国、ロシア、中国では減速を予測。日本は緩やかで安定的な経済成長にともない、2018年には1.6%になると見ている。

2018年はデジタル広告費がテレビ広告費を上回る?

 広告費のデジタルシフトは今後も継続すると見ており、世界のデジタル広告費の成長率は2017年の15.0%に引き続き、2018年も12.6%と、二桁成長が続くと予測した。この成長は、オンライン動画広告やソーシャルメディア広告がけん引しており、2018年の成長率はそれぞれ24.5%、23.5%となる見通しだ。

 なお、モバイル向けのデジタル広告は、2017年にデスクトップPC向けを追い抜き、2018年には1,211億ドルに達する見込みである。その結果、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.3%となり、初めてテレビ広告費(35.5%)を上回ることになる。

【関連記事】
Adjust、平均値ではなく個別ユーザー単位の獲得コストを可視化するAPI発表 InMobi等と連携
デジタル広告、テレビを抜き最大のメディアに モバイル広告費はPC上回る【電通イージス調査】
ハンドメイドCtoC「minne」、Appierの人工知能導入 CV数が約4倍増加
インターネット広告市場、スマホ広告が6割占める/ソーシャル広告、163%成長【CCI、D2C調査】
2016年のデータフィード広告費、前年比5割増の649億円【ビカム、デジタルインファクト共同調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5