SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

有料動画アプリの利用者数が2年間で154%増/動画アプリの利用状況は?【ニールセン デジタル調査】

 ニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)」のデータを基に、日本における無料・有料動画アプリの利用状況を発表した(2017年11月時点)。

有料動画の利用者数、154%増で568万人に

 各動画利用者数を見ると、無料動画では2年前の同月から48%増加し、3,901万人に。有料動画では154%増加し、568万人となっていた。どちらの増加率もスマートフォン全体の増加率(26%)よりも高い結果となった。

無料動画アプリは利用者数上位5サービス「AbemaTV」「GYAO!」「TVer」「YouTube」「ニコニコ動画」を集計有料動画アプリは利用者数上位5サービス「Amazon Prime Video」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」を集計
無料動画アプリは利用者数上位5サービス「AbemaTV」「GYAO!」「TVer」「YouTube」「ニコニコ動画」を集計
有料動画アプリは利用者数上位5サービス「Amazon Prime Video」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」を集計

利用者数の増加率では「AbemaTV」が最高/前年比で55%増加

 また、無料動画アプリの中で最も利用者数の多い「YouTube」は昨年から25%(713万人)増加し、3,617万人の利用者数がいることが判明。無料動画アプリ利用者数上位5の中で最も増加率が高かった「AbemaTV」の利用者数を見ると、2016年11月時点では357万人だった利用者数が、2017年11月には55%増加し、553万人となっていた。また、「AbemaTV」の利用者の性年代構成を比較すると、2016年11月時点では男性の割合が高く女性の割合は38%であったが、2017年11月には女性の割合が51%にまで拡大していた。

「Amazon Prime Video」と「Netflix」の利用者数は急上昇

 最後に有料動画アプリに注目すると、利用者数上位5の中では「Amazon Prime Video」と「Netflix」の増加率が高いことが判明。「Amazon Prime Video」は昨年から77%増加し300万人に、「Netflix」は99%増加し70万人となっていた。

 また有料動画アプリを利用している568万人のうち複数サービスを利用している人は10%という結果に。一つのサービスだけを利用している人が90%と大半を占めていることがわかった。

有料動画アプリの重複利用状況は、利用者数上位5サービスの「Amazon Prime Video」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」の利用率より算出
有料動画アプリの重複利用状況は、利用者数上位5サービスの
「Amazon Prime Video」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」の利用率より算出

【調査概要】
調査主体:ニールセン デジタル
調査方法:「Nielsen Mobile NetView」のデータ(2017年11月時点)に基づく

【関連記事】
Twitter動画広告接触者の来店が計測可能に!CAの「AIR TRACK」、新機能のべータ版提供へ
DSP「Logicad」、動画広告メニューをリリース Teadsと連携しインリード広告を配信
グノシー、2月下旬にライブ動画の配信をスタート!エブリーと連携し共同制作へ
Supership、アプリ広告主向けアドプラットフォームの提供を開始
App Annie、「2017年アプリ市場総括レポート」を発表~日本のアプリ消費、130億ドルを突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング