MarkeZine(マーケジン)

記事種別

定番・新興SNSの利用実態/今年は使用中のSNSを使いこなす傾向が【アライドアーキテクツ調査】

2018/03/06 12:00

 アライドアーキテクツは、SNSの利用実態に関する調査を実施。FacebookやTwitter、Instagram、LINEなどの代表的なSNSに加え、趣味やライフスタイルに特化した新興SNSがどのような世代・性別の人に受け入れられているのかなど、多様化するSNSの利用実態を調査した。

利用しているSNSの平均数は4.2個

 調査の結果、現在使っているSNSの数は、一人当たり平均で4.2個という結果に。代表的なSNSであるFacebook、Twitter、Instagram、LINEについては、4つすべて使ったことがある人は36.5%、1つ以上使ったことがある人は93.0%、1つも利用したことのない人は7.0%だった。

Facebook・YouTube・ブログは使ってみたものの、離れる人が多い

 「(過去に一度でも)利用したことがあるSNS」と「今利用しているSNS」を質問したところ、Twitter、LINE、Instagramは利用継続率が高いことが判明。一方、Facebook、YouTube、ブログは継続利用率が下がる傾向にあることがわかった。

 これは、代わりとなる新興SNSの登場が要因であると推測できる。Facebook、ブログからはそれぞれの趣味に特化したSNSへ、YouTubeからはライブ配信系のSNSへ、ユーザーの興味が移っているのではと考えられる。

Pinterestは、特に男性20代と男性50代以上に人気の傾向

 「今利用しているSNS」の男女別の回答を見てみると、Facebookは男女とも同程度、Instagramはやや女性が多く、Twitter、Pinterestは男性の利用が多い傾向があった。Pinterestは特に男性20代と男性50代以上に人気であり、その利用方法に関しては追加調査の予定だ。

新興SNSのランキング20

 新興SNSの利用率順ランキングでは、ライブ配信と画像加工のカテゴリーのSNSが多くランクイン。上位4つは性別によって変わらず、5位以下で男女の傾向に違いが出た。女性は、ヘルスケア/中国のカテゴリー、男性はビジネス・ニュース/マッチングのカテゴリーのSNSがやや多くランクインする結果となった。

2018年のSNS利用傾向は?

 最後に2018年に注目しているSNSを聞いたところ「今はTwitter、Instagram、LINEで満足している」「引き続き、Twitter、Facebook、LINEを上手に使いたい」など、現在使っているSNSにフォーカスした回答が最も多かった。

 また、「Instagramを本腰入れてやってみたい。インフルエンサーになりたい」「Instagramのストーリーズをまだ使ったことがないので試してみたい」「Instagramが文字だけの投稿が可能になったので、より活用していきたい」など、Instagramにさらに注目していきたいという回答も多かった。

【調査概要】
調査名称:SNS利用に関する意識調査
調査主体:アライドアーキテクツ
調査時期:2018年2月1~6日
調査方法:SNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」でのアンケート調査
有効回答数:4,624名

【関連記事】
大学生のフェイスブック離れ進む 女子の約6割が「インスタグラム」「SNOW」利用
10代の約半数が「SNOW」を利用/10代で主流になりつつあるSNS検索【ジャストシステム調査】
「SNOW」の利用者は半年前より27%増/スマホ利用者の約80%が「LINE」利用
Instagram、「横長」と「縦長」のフォーマットで画像加工が可能に
2018年アプリ市場規模、全世界1000億ドル ARやAlexaアプリ牽引【App Annie調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5