MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通と電通デジタル、Twitter広告のブランド価値毀損リスクを軽減するサービスの提供へ

2018/03/15 13:00

 電通と電通デジタルは、Twitter広告の配信先リストから、配信先として適さないアカウントを事前に除外し、企業および商品ブランドの価値毀損リスクを軽減するサービス「ツイベリ」を開発し、β版の提供を開始した。

 同サービスは、暴力・差別・炎上などのみを目的とするユーザーやボットなど、広告の配信先として適さないTwitterアカウントを特定することができる。両社は今回、電通が開発したツイートデータをリアルタイムに解析してTwitterに広告を配信するシステム「kizuna communication」の機能を拡張して、開発を行った。なお、正式版の提供開始は2018年4月を予定している。

【関連記事】
サイバーエージェント、Twitter広告のブランドリフト測定行うサービス開始
CyberZ、Twitter広告含むスマートフォン広告の一元管理サービスを提供開始
AJAのSSPに新機能が追加~不適切な広告を排除しメディアのブランドセーフティを実現
動画アドネットワーク「LODEO」、ブランドセーフティ機能を追加 「BlackSwan」と連携
イー・ガーディアン、ブランド毀損リスクのある動画を自動検出するシステム提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5