SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

「#ナイトプール」でインスタ女子の心を鷲掴み!サムスンのミレニアル世代向けマーケ施策を振り返る


 デジタルネイティブであるミレニアル世代をメインターゲットに設定しているサムスン電子ジャパン。同社は昨年、インスタグラム ストーリーズ広告や人気芸能人を起用したテレビ・Web動画CMなどのマーケティング施策で注目を集めました。そして今回、これらの施策の詳細に迫ると、綿密に設計されたメディア戦略やクリエイティブへのこだわりが見えてきました。

ミレニアル世代をメインターゲットに設定しているサムスン

――サムスン電子ジャパン(以下、サムスン)は昨年、「#ナイトプール」を起用したインスタグラム ストーリーズ広告や、山崎賢人さんと飯豊まりえさんが出演されたテレビ・Web動画CMなど、若い世代に向けたマーケティング施策で注目を集めました。そこで今回は、最近のマーケティング施策のトピックスをまとめて伺っていきたいと思います。

 まずは、普段ご担当されている業務を含めてお2人の自己紹介をお願いします。

(左)サムスン電子ジャパン株式会社 Marketing Group Assistant Manager 萩原泰邦氏(右)フェイスブックジャパン株式会社 クライアントパートナーマネージャー 鈴木直人氏
(左)サムスン電子ジャパン株式会社 Marketing Group Assistant Manager 荻原泰邦氏
(右)フェイスブック ジャパン株式会社 クライアントパートナーマネージャー 鈴木直人氏

荻原:サムスン電子ジャパンの荻原と申します。私は広くデジタルマーケティング全般を担当しています。具体的にはFacebook、InstagramをはじめとするSNSや弊社のコーポレートサイトの運用、デジタルメディアへの広告出稿などを行っています。

鈴木:フェイスブック ジャパンの鈴木です。私はグローバルマーケティングソリューションという組織内でクライアントパートナーマネージャーを務めており、テック業界・テレコム業界の広告主様に、Facebook/Instagram広告の両方におけるメディアプランニング、ソリューションの提案などをしています。

――サムスンでは、若年層に向けたマーケティング施策が目立っているように感じますが、何か戦略があるのでしょうか?

荻原:今我々がデジタルマーケティングにおいてターゲットにしているのは、デジタルネイティブであるミレニアル世代です。ミレニアル世代と親和性が高く、よく利用されているメディアを中心に取り組んでいます。インスタグラムはその代表格ですね。

――ちなみに、テレビとデジタルの広告費の比率はどのくらいですか?

荻原:以前はテレビなどATL(Above the line)のほうが予算配分が大きかったのですが、昨今ではターゲットに合わせて、デジタルへのシフトを加速化しつつあります

急成長中のストーリーズ、デイリーアクティブアカウント数は3億に

――では早速、ストーリーズ広告についてお聞かせください。まず、インスタグラムストーリーズ広告の概況はいかがですか?

鈴木:インスタグラム ストーリーズをリリースしたのは、2016年8月です。シェアした写真や動画が24時間で自動的に消える点が大きな特徴でして、フィード投稿と比べて日常の瞬間をよりカジュアルにシェアできる機能となっています。現在、グローバルのデイリーアクティブアカウント数が3億といった状況です。

 そして、2017年の3月からストリーズ広告の提供も開始しました。15秒以内で動画や静止画が掲載できる全画面のフォーマットになっています。Facebook広告と同じくターゲティングが可能で、リーチ、インプレッション、フリークエンシーのほか、動画がどれだけ見られたか、リンク先に遷移できたかを測定することができます。

 また、2018年2月からはカルーセル形式が追加され、最大3つのクリエイティブやリンクの挿入が可能になっています。

――やはり、ミレニアル世代を狙って出稿する広告主が多いですか?

鈴木:キャンペーンの目的やターゲットは様々ですが、ストーリーズは若年層に人気のある機能ですので、彼らをターゲットにしている広告主様は特に、ストーリーズ広告への関心が大きいと感じています。導入当初はコスメ・消費財での活用が多く見られましたが、最近ではテック業界の広告主にも利用いただいており、携帯・家電など業種は広がってきています

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2017年大流行した「#ナイトプール」をテーマにストーリーズを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松崎 美紗子(編集部)(マツザキ ミサコ)

1995年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。新入社員として、日々奮闘中です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/12 18:52 https://markezine.jp/article/detail/28196

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング