SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一

 楽天は、ブランド広告主やダイレクトマーケティング広告主などのクライアント企業に提供するマーケティングソリューションを「Rakuten Marketing Platform (RMP)」ブランドに統一した。

 「Rakuten Marketing Platform」は、約9,500万の楽天会員IDと70以上のサービスに関連する購買行動の分析データをはじめとしたビッグデータを活用し、「認知」「興味関心」「購買」「リピート」「ファン化」など、消費行動のすべての段階に対応するフルファネルの広告関連商品群ブランドの総称だ。すでに同ブランドとして「RMP」を冠して提供している「RMP - Brand Gateway」や「RMP - Go! Spot」に加え、これまで提供していた広告商品についても「楽天DSP」を「RMP - Trading Desk (Rakuten DSP)」、「楽天スーパーポイントギャラリー」を「RMP - Affiliate(ポイントギャラリー)」などと改称している。

「Rakuten Marketing Platform」コンセプト
「Rakuten Marketing Platform」コンセプト

 楽天は、今後新たに提供する商品を含め、広告関連商品すべてを同ブランドのもとに集約し、購買データを中心とする統合的なマーケティングソリューションを提供する。またブランド統一によって、提供するマーケティングソリューション全体の認知度向上を目指す。

【関連記事】
楽天会員IDに基づき広告配信による実店舗での効果測定を実現する「RMP-Go! Spot」提供開始
博報堂DYMP、楽天と食に特化したDMPの提供開始
「LINE@」、楽天市場の出店店舗向けSNSサービス「R-SNS」と連携開始
楽天、全国約2万局の郵便局で受取サービスを開始
楽天とウォルマートが日米における戦略的提携を発表~日本では「楽天西友ネットスーパー」を共同運営へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/09 08:30 https://markezine.jp/article/detail/28364

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング