SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、ビジネス向けにダイレクト機能を改善 購買行動まで一連のアクションを完結可能に

 Instagramは、ビジネス向けにダイレクト機能の改善に加え、ビジネスプロフィールにアクションボタンを追加する。

 Instagramでは、利用者の多くがビジネスのストーリーズ投稿やフィード投稿を閲覧後、ダイレクト機能を介しメッセージを送っている。毎月1億5,000万以上の利用者が企業とメッセージを交わしており、これらのやり取りの3分の1はインスタグラム ストーリーズの閲覧がきっかけである。

 企業は、これまで潜在顧客からメッセージを受け取っても、メインの受信箱に表示されない(※)ために見落としてしまうことがあったが、今後ビジネスプロフィールを利用しているアカウントでは、新規顧客からのメッセージも1つの受信箱に表示されるようになる。

(※)自分がフォローしていないアカウントからのメッセージは、リクエストとして表示される。

 また、重要なメッセージに★マークを付けたり、フィルターをかけて未読メッセージを探せるようになるほか、よくある質問に対して事前に用意した回答を簡単に返信できる機能のテストを数週間以内に開始する予定だ。

 さらに、「チケット購入」「予約」などのアクションボタンをビジネスプロフィール上に追加できるようになる。これにより、ビジネスやサービスの発見から、購買行動までのアクションをInstagramのプラットフォーム上で完結することができる。なお、今回の導入はオンラインイベント登録/チケット販売会社のEventbrite、レストラン予約サービスのResyなど、25以上のパートナーとの提携により実現された。

【関連記事】
トレンダーズ、Instagramストーリーズ広告に特化したサービス「ADFUL」提供開始
アライドアーキテクツ、Instagramの投稿予約サービスの提供開始
Instagram、ストーリーズ広告にカルーセル形式を追加 複数のクリエイティブの同時掲載が可能に
Instagram、ストーリーズでGIFスタンプの使用可能に 今後のアップデートも発表
Instagram、ビジネス利用のアカウント数が2,500万社を突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング