MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SHIBUYA109、20歳前後の若者の実態調査を行うラボを設立

2018/05/18 11:30

 SHIBUYA109エンタテイメントは、2017年より開始した若者マーケティング機能のさらなる確立と情報発信を目的として、「SHIBUYA109 lab.」を設立した。

 同社は、2017年4月の会社設立と同時にマーケティング専任チームを発足し、「around20(20歳前後の若者)」の実態を調査すべく、活動を続けてきた。そして今回、若者の今と未来をさらに探るために「SHIBUYA109 lab.」を設立。若者と同じ目線で物事を見ることで、新しい時代を生きる若者の熱量を発信し、企業と若者の架け橋となるようなマーケティングデータを提供していく。

 今後は、蓄積したマーケティングデータを基に、様々な企業の商品開発など、マーケティングサポートサービスの提供も予定している。

 具体的には、毎月およそ200人の若者と直接コミュニケーションを取り、収集したトレンドや意識について、分析・発信していく。また、同社は「SHIBUYA109 lab.」の設立に合わせ、活動内容を発信する特設サイトをオープンした。

【関連記事】
LINEキャラクターで渋谷の街全体を活性化~SHIBUYA109、PARCOとタイアップキャンペーン実施へ
電通、学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発 企業向けスポンサードプランもリリース
ADK、新ツール「ワカナビセブン」を開発 若者の情報拡散の構造を分析
若者のウラハラマインドとは?電通総研「若者まるわかり調査2015」を実施
20代の9割以上は「お酒が好き」、飲み控えする若者向け低アルコール飲料「キリン バタフライ」販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5