MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第22回「日本ゴールドディスク大賞」、はじめてダウンロード配信の売上を評価対象に

2008/03/05 11:10

 社団法人日本レコード協会は、第22回を迎えた「日本ゴールドディスク大賞」の授賞式を3月4日に開催。日本のレコード産業で、期間中に発売された作品・楽曲の売上金額合計が最も多い邦楽・洋楽のアーティスト各1組に贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を発表した。

 邦楽部門の受賞者は、人気男性グループのEXILE。売上枚数はアルバムが233万8,242枚、シングルが112万3,798枚、ビデオが23万3,938本、配信数は849万9,430ダウンロード。一方の洋楽部門では、アメリカの歌姫アヴリル・ラヴィーンが受賞。売上枚数は、アルバム100万7,164枚、シングルが2万6,163枚、ビデオ4,092本、配信数は220万2,812ダウンロードとなっている。また、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門はGReeeeNが、洋楽部門はザ・フラテリスが受賞した。

 音楽のダウンロード配信で「ソング・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのは、「着うた」と「着ふたフル」の邦楽部門でダブル受賞したGReeeeNの「愛唄」。「着うた」の洋楽部門は、アヴリル・ラヴィーンの「ガールフレンド」。また、PC配信では宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」が受賞している。宇多田ヒカルは、PC配信ソングの邦楽ベスト5に「Flavor Of Life」「Beautiful World」が入る健闘を見せている。

【関連リンク】
iTunes Storeで、P. マッカートニー・宇多田ヒカルらの高音質楽曲データをDRMフリーで提供
2007年のデジタル音楽セールス、宇多田ヒカルがアヴリル・ラヴィーンに次いで世界2位
日本レコード協会、不正なコンテンツ配信サイトを見分ける目印「エルマーク」の運用を開始
携帯音楽プレイヤー利用者、4人に1人は「耳が痛くなったことがある」
ヤフー、携帯向けデジタルコンテンツ検索第一弾、「着うた検索」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5