SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』メディアデータから掴むインサイト

通信と放送の融合時代、「テレビらしさ」の価値とは?

 近年、ネット上の動画サービスとテレビの境界が非常に曖昧になっています。このような動画視聴環境の変化は一般に「通信と放送の融合」と呼ばれていますが、そもそも通信と放送の違いとは何でしょうか?本稿では通信と比較した際のテレビの特長に着目し、放送と通信が融合する時代におけるテレビ放送ならではの価値を解説します。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2018年6月25日刊行の定期誌『MarkeZine』30号に掲載したものです。

通信と放送の融合

 近年、ネット上の動画サービスとテレビの境界が非常に曖昧になっています。TVer等のサービスによるキャッチアップ配信、自らを「インターネットテレビ局」と称するAbemaTVなどがその一例です。

 このような動画視聴環境の変化は一般に「通信と放送の融合」と呼ばれる大きな流れの中に位置づけられ、法制度の面からも議論が進められています。しかし通信と放送の融合とは言うものの、そもそもどのような「違い」があるものが融合していくということなのでしょうか。本稿では通信と比較した際のテレビの大きな2つの特徴として「地域性」と「同時性」に着目し、放送と通信が融合する時代におけるテレビ放送ならではの価値を考えてみます。

「制約」としての放送の地域性

 テレビの放送としての特徴の1つはその地域性です。ネット上のコンテンツに対しては基本的に世界中のどこからもアクセスできるのに対し、テレビの放送を受信できるのはその放送局の電波が届くエリアに限定されています。

 この放送の地域性により、各地域で受信できる放送局の数には大きな差が生まれています。関東広域、近畿広域、中京広域の3つの広域放送域には5~7つの民放があるのに対し、それ以外のエリアでは1~3つしか民放が存在しないところも多く存在します。

 図表1は2017年の大晦日の23時時点に地上波で放送していた番組を東京と宮崎で比較したものです。東京では全部で10種類の番組を見ることができるのに対し、民放が2つしかない宮崎では4種類の番組しか見ることができません。地域によって見られる番組の種類に大きな「制約」があると言えます。

図表1 2017年大晦日の23時に地上波で放送していた番組の東京と宮崎の比較
図表1 2017年大晦日の23時に地上波で放送していた番組の東京と宮崎の比較
▶調査レポート
「動画配信サービスにはない『テレビらしい』楽しみ方とは?―ライフログデータが示す、メディアの未来#1」(Intage 知る gallery)
この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
地域に特化した番組の視聴のされ方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』メディアデータから掴むインサイト連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山津 貴之(ヤマツ タカユキ)

株式会社インテージ 事業開発本部 デジタル・ビジネス・ディペロップメント部 アナリスト 筑波大学大学院 ビジネス科学研究群 経営学学位プログラム 在学中2014年に大学卒業後インテージへ入社。 小売店パネルの運用部署にてパネルデータの品質管理を担当。機械学習を用いたデータクリーニングロジックを開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/10 17:40 https://markezine.jp/article/detail/28630

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング