MarkeZine(マーケジン)

記事種別

通信と放送の融合時代、「テレビらしさ」の価値とは?

2018/06/25 14:45

 近年、ネット上の動画サービスとテレビの境界が非常に曖昧になっています。このような動画視聴環境の変化は一般に「通信と放送の融合」と呼ばれていますが、そもそも通信と放送の違いとは何でしょうか?本稿では通信と比較した際のテレビの特長に着目し、放送と通信が融合する時代におけるテレビ放送ならではの価値を解説します。

※本記事は、2018年6月25日刊行の定期誌『MarkeZine』30号に掲載したものです。

通信と放送の融合

 近年、ネット上の動画サービスとテレビの境界が非常に曖昧になっています。TVer等のサービスによるキャッチアップ配信、自らを「インターネットテレビ局」と称するAbemaTVなどがその一例です。

 このような動画視聴環境の変化は一般に「通信と放送の融合」と呼ばれる大きな流れの中に位置づけられ、法制度の面からも議論が進められています。しかし通信と放送の融合とは言うものの、そもそもどのような「違い」があるものが融合していくということなのでしょうか。本稿では通信と比較した際のテレビの大きな2つの特徴として「地域性」と「同時性」に着目し、放送と通信が融合する時代におけるテレビ放送ならではの価値を考えてみます。

「制約」としての放送の地域性

 テレビの放送としての特徴の1つはその地域性です。ネット上のコンテンツに対しては基本的に世界中のどこからもアクセスできるのに対し、テレビの放送を受信できるのはその放送局の電波が届くエリアに限定されています。

 この放送の地域性により、各地域で受信できる放送局の数には大きな差が生まれています。関東広域、近畿広域、中京広域の3つの広域放送域には5~7つの民放があるのに対し、それ以外のエリアでは1~3つしか民放が存在しないところも多く存在します。

 図表1は2017年の大晦日の23時時点に地上波で放送していた番組を東京と宮崎で比較したものです。東京では全部で10種類の番組を見ることができるのに対し、民放が2つしかない宮崎では4種類の番組しか見ることができません。地域によって見られる番組の種類に大きな「制約」があると言えます。

図表1 2017年大晦日の23時に地上波で放送していた番組の東京と宮崎の比較
図表1 2017年大晦日の23時に地上波で放送していた番組の東京と宮崎の比較
▶調査レポート
「動画配信サービスにはない『テレビらしい』楽しみ方とは?―ライフログデータが示す、メディアの未来#1」(Intage 知る gallery)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5