SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、縦長動画に対応した単独アプリ「IGTV」をローンチ MAU数10億突破も発表!

 Instagramは6月20日(米国時間)、縦型の長尺動画を楽しめる新たな単独アプリ「IGTV」をローンチした。同時に、全世界の月間アクティブアカウント数が10億を突破したことも発表した。

 今回ローンチされた「IGTV」は、従来とは違った新しい動画の視聴体験を楽しめるアプリで、普段モバイルを使うときの画面の向きに合わせ、縦型で動画のデザインがされているのが最大の特徴だ。

 Instagramでは、これまで60秒までの動画のみ投稿・視聴が可能だったが(ストーリーズ機能は最大15秒)、同アプリでは最長60分までの動画を楽しむことができる。

 アプリを開くと、テレビをつけたときと同じように自動的に動画が再生される。見たい動画やチャンネルを検索する必要はなく、Instagram上で既にフォローしているクリエイターの動画やユーザーの興味関心に近いクリエイターの動画が表示されるため、パーソナライズされたコンテンツを視聴できる。

 また、メイン画面から上部にスワイプすると、「おすすめ」 「フォロー中」 「人気」「視聴を再開」 のタブが表示され、より多くのコンテンツを閲覧することが可能。動画にいいね!やコメントを残したり、ダイレクト機能を活用して友人とシェアをしたりすることもできる。

編集画面イメージ
編集画面イメージ

 「IGTV」では、クリエイター自身がチャンネルとなるため、新たにクリエイターをフォローすると、そのクリエイターのアカウントも自動的にフォローされ、ストーリーズ投稿やフィード投稿もチェックできるようになる。Instagramアカウントをもっていれば、誰でも同アプリに動画を投稿することができる。

Instagramアプリ内での通知イメージ
Instagramアプリ内での通知イメージ

 なお、単独アプリに加えて、Instagramアプリ内からもIGTVの機能を楽しむことが可能だ。「IGTV」はiOS・Android版ともに、全世界で数週間内に展開予定となっている。

【関連記事】
Instagram、縦長動画に対応した単独アプリ「IGTV」をローンチ MAU数10億突破も発表!
シャトルロックジャパン、Instagram投稿の事前予約ができる機能「PRE-POS」をリリース
タグピク、完全成果報酬型のInstagram運用コンサルティングサービスを提供開始
サイバー・バズ、Instagramの「ショッピング機能」を活用したECサイト運用代行サービスを開始
Become Feed Platform、Instagramの「ショッピング機能」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/23 11:47 https://markezine.jp/article/detail/28705

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング