MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソニー、世界初ノイズキャンセリング機能をデジタル化、周囲の騒音を約99%低減するヘッドホンを発売

2008/03/13 17:35

 ソニーは、世界ではじめてノイズキャンセリング機能をデジタル化し、周囲の騒音を約99%まで低減する(同社調べ)、ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」(49,350円・税込)を4月21日に発売する。

 これまで、ノイズキャンセリング機能はアナログ信号処理で行われていたが、騒音をデジタル信号化して高速処理する技術を開発したことでノイズキャンセリング機能のデジタル化を実現。ヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで検知した騒音をデジタル化、信号処理を施すことによって、その騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を発生させ騒音を低減させる。

「MDR-NC500D」は、質量195グラムと非常に軽い。
※画像はプレスリリースより転載。

 この技術を採用した「MDR-NC500D」は、騒音の伴う航空機や電車などの乗り物の中で音楽を楽しんだり、パソコンやエアコンの動作音など日常生活での騒音を低減して、勉強や仕事に集中できる静かな環境を提供するのに威力を発揮する。また、人に話しかけられた時など、再生中の音を消音(ミューティング)して、マイクで集音した外部の音を聞くこともできるため、ヘッドホンをしたままの会話も可能となっている。

【関連リンク】
携帯音楽プレイヤー利用者、4人に1人は「耳が痛くなったことがある」
ソニーの動画投稿サービス「アイビオ」、ユーザーが歌っている歌の著作権使用料を全額負担
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー
第22回「日本ゴールドディスク大賞」、はじめてダウンロード配信の売上を評価対象に
2007年のデジタル音楽セールス、宇多田ヒカルがアヴリル・ラヴィーンに次いで世界2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5