SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」、広告の事前選定でメディアのブランドセーフを確保

 Speeeは、同社が開発・運営するネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU(ウゾウ)」において、掲載する広告をメディアが事前に選定できるサービスを開始した。

 世界観に合わない表現の広告や、訪問者の特性に合わない内容の広告を掲載することは、そのメディアのブランド価値毀損につながるとされ、課題となっている。

 新たに開始されたサービスでは、メディアは自社のコンテンツと親和性が低い広告に関して、掲載前に指定除外することができる。これにより、メディアのブランドセーフが確保されるとともに、ユーザー体験の向上が見込める。

【関連記事】
Speeeがインティメート・マージャーと提携 ブランディング広告に有効なターゲティングが可能に
Speee、マーケティングデータを一元管理できるプラットフォーム「Markeship」リリース
Ruby開発者まつもとゆきひろ氏、元クックパッド技術部長の井原正博氏がSpeee顧問に就任
アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化
Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/29 13:45 https://markezine.jp/article/detail/29143

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング