MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」、広告の事前選定でメディアのブランドセーフを確保

2018/08/29 13:45

 Speeeは、同社が開発・運営するネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU(ウゾウ)」において、掲載する広告をメディアが事前に選定できるサービスを開始した。

 世界観に合わない表現の広告や、訪問者の特性に合わない内容の広告を掲載することは、そのメディアのブランド価値毀損につながるとされ、課題となっている。

 新たに開始されたサービスでは、メディアは自社のコンテンツと親和性が低い広告に関して、掲載前に指定除外することができる。これにより、メディアのブランドセーフが確保されるとともに、ユーザー体験の向上が見込める。

【関連記事】
Speeeがインティメート・マージャーと提携 ブランディング広告に有効なターゲティングが可能に
Speee、マーケティングデータを一元管理できるプラットフォーム「Markeship」リリース
Ruby開発者まつもとゆきひろ氏、元クックパッド技術部長の井原正博氏がSpeee顧問に就任
アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化
Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5