SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

さとなお氏をアドバイザーに GMOユナイトエックスが社内研究機関「GMOプランニングラボ」を設立

 GMOユナイトエックスは、“さとなお”の通称で知られるコミュニケーション・ディレクターの佐藤尚之氏をアドバイザーに迎え、デジタルマーケティングのプランニング手法に関する研究機関「GMOプランニングラボ」を設立した。

佐藤尚之氏(通称:さとなお)

佐藤尚之氏(通称:さとなお)

 GMOユナイトエックスは、GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズの連結会社で、ソーシャル広告に特化した広告サービスを展開している。

 GMOプランニングラボでは、佐藤尚之氏のアドバイスのもと、社内研修やケーススタディに基づくディスカッションを定期的に行う。また、ミッドファネル(興味・関心~購入・比較検討)、アッパーファネル(認知~興味・関心段階)を対象としたマーケティング施策のプランニング強化を図っていく。

【関連記事】
“さとなお”こと佐藤尚之氏がアライドアーキテクツの顧問に就任 広告主企業のファンベース施策を支援
GMO NIKKO、新会社2社を設立 ミッドファネル領域を強化
TABI LABO、DAC及びDNAPと資本業務提携 ファネル型コミュニケーションの実現へ
電通デジタル、新指標「ビュースルー行動転換率」を開発 リクルートマーケティングパートナーズが試験導入
博報堂DYメディアパートナーズ、アウトドアメディアビジネス中核会社 「博報堂DYアウトドア」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/11 13:45 https://markezine.jp/article/detail/29224

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング