SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AI×動画×SNSで「個」へのマーケを進化!アライドアーキテクツ、新会社AiCON TOKYOを設立

 アライドアーキテクツは、9月19日、AIを活用したデータ分析を軸に動画広告の企画・制作を行う新会社AiCON TOKYO(アイコントーキョー)を設立する。なおAiCON TOKYOは、クリエイティブディレクターの石渡晃一氏との共同出資による新会社だ。

 AiCON TOKYOは、東京大学発のAIベンチャー企業であるArithmer(アリスマー)と同日より業務提携を締結。3社共同で「動画×AI×SNS」の3領域を掛け合わせたサービスを展開し、ソーシャル時代に適したデジタルコミュニケーション事業を推進していく。

 AiCON TOKYOでは、AIによる生活者データの分析を通してターゲット層の興味やニーズを掴み、コミュニケーションの幹となる戦略を立案。その戦略をベースに、ターゲット層の共感を得る動画コンテンツや広告クリエイティブをスピーディーに開発し、SNSなどのソーシャルメディアを効率よく使うことでマーケティングPDCAの高速化を実現する。

 具体的には、広告主企業より動画制作の依頼を受けると、まずAiCON TOKYOで戦略立案を行い、ターゲット層の興味関心や商品認知度などを調べるアンケート項目を作成。これをもとに、アライドアーキテクツがSNSユーザーを対象としたアンケート調査を実施し、収集したデータをアリスマーへ送付してデータを分析。アリスマーによって出力されたターゲット層のインサイトデータを活用し、AiCON TOKYOが動画の企画および制作・編集を行い、アライドアーキテクツがSNS広告やキャンペーンを通じてターゲット層へ発信・拡散するという流れだ。

 AiCON TOKYOは、莫大な予算をかけて幅広い層へリーチするマス広告とは異なり、生活者一人ひとり「個」へのアプローチを強化することで、広告プロモーション費を圧縮しながらマーケティング効果を拡大する狙いだ。また、大企業だけでなく、これまでテレビCMなど大規模な広告展開をできなかった企業に対しても、動画を軸としたプロモーション施策をサポートしていく。

【関連記事】
当選結果を即座に通知!アライドアーキテクツ、Twitterキャンペーンの支援ツールに新機能を搭載
実店舗のファン獲得・育成を支援 アライドアーキテクツ、クラウドサービス「リアルタッチ」を提供開始
ワコール、ブライトコーブの「Video Cloud」を導入 配信管理の効率化などで動画活用を促進
TYO、インタラクティブ動画技術「TIG」を展開するパロニムと業務提携
電通等、動画媒体・コンテンツを厳選した「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/18 13:30 https://markezine.jp/article/detail/29282

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング