SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNSにも対応!Kaizen Platform、記事コンテンツを動画化できる新メニューの提供を開始

 Kaizen Platformは10月2日、動画広告マーケットプレイス「Kaizen Ad(カイゼンアド)」において、記事コンテンツを動画化する新メニュー「コンテンツエフェクト」の提供を開始した。

 「コンテンツエフェクト」は、低コスト、5営業日納品で記事コンテンツを動画化できるサービス。メディア運営会社やオウンドメディア担当者は、記事で利用する写真や原稿などの素材を用意するだけで、動画制作が可能になる。

 また、自社メディアだけではなく、SNSなど他のプラットフォームに適した動画制作にも対応しているため、各ユーザーの属性に合わせた最適なコンテンツが提供できる。これにより、これまでリーチできなかった新しいターゲットの開拓や、自社メディアのユーザー数増加に貢献する。

 今回、ライフスタイルメディア「macaroni」を運営するトラストリッジは、同社が提供する広告メニューに「コンテンツエフェクト」を採用。成城石井のメニュー紹介記事を動画化する実証実験を行った。すると、画像を使った記事への誘導と比較して、誘導枠に動画を活用することで記事の閲覧数が1.5倍以上増加。より読者の興味・関心を得る結果となった。

【関連記事】
チラシを動画広告化! DNP、Kaizen Platformおよびロカリオと連携した新サービスを開始
Kaizen Platform、Facebookの「プレイアブル広告」のオフィシャルパートナーに認定
分析~施策実施までをワンストップに Kaizen Platform、新ユーザーデータ基盤をリリース
Kaizen Platform、クラウド上に自分のマーケチームを構築できる新サービスを提供
3ミニッツとKaizen Platformが協業を発表 SNSに最適化した動画広告配信をサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/02 13:00 https://markezine.jp/article/detail/29362

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング