MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSにも対応!Kaizen Platform、記事コンテンツを動画化できる新メニューの提供を開始

2018/10/02 13:00

 Kaizen Platformは10月2日、動画広告マーケットプレイス「Kaizen Ad(カイゼンアド)」において、記事コンテンツを動画化する新メニュー「コンテンツエフェクト」の提供を開始した。

 「コンテンツエフェクト」は、低コスト、5営業日納品で記事コンテンツを動画化できるサービス。メディア運営会社やオウンドメディア担当者は、記事で利用する写真や原稿などの素材を用意するだけで、動画制作が可能になる。

 また、自社メディアだけではなく、SNSなど他のプラットフォームに適した動画制作にも対応しているため、各ユーザーの属性に合わせた最適なコンテンツが提供できる。これにより、これまでリーチできなかった新しいターゲットの開拓や、自社メディアのユーザー数増加に貢献する。

 今回、ライフスタイルメディア「macaroni」を運営するトラストリッジは、同社が提供する広告メニューに「コンテンツエフェクト」を採用。成城石井のメニュー紹介記事を動画化する実証実験を行った。すると、画像を使った記事への誘導と比較して、誘導枠に動画を活用することで記事の閲覧数が1.5倍以上増加。より読者の興味・関心を得る結果となった。

【関連記事】
チラシを動画広告化! DNP、Kaizen Platformおよびロカリオと連携した新サービスを開始
Kaizen Platform、Facebookの「プレイアブル広告」のオフィシャルパートナーに認定
分析~施策実施までをワンストップに Kaizen Platform、新ユーザーデータ基盤をリリース
Kaizen Platform、クラウド上に自分のマーケチームを構築できる新サービスを提供
3ミニッツとKaizen Platformが協業を発表 SNSに最適化した動画広告配信をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5