MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CCI、データコンサルティングサービスを強化 「DataCurrent」としてサービス提供へ

2018/10/04 15:00

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI) は、媒体社や広告主向けのデータコンサルティングサービスのラインナップを拡充。施策の実行力を強化し、新たに「DataCurrent」として提供を開始した。

 CCIでは、以前より企業のプライベートDMP導入支援やDMP導入後の運用サポート、サードパーティーデータの販売ネットワーク「PrediX」を通じた配信事業者へのデータセグメントの提供やオーディエンスデータの収益化支援を行ってきた。同時に、昨今のデータ領域を取り巻く環境の変化を受け、企業間でのデータ連携(セカンドパーティーデータ連携)の推進、ユーザーのマルチデバイス化への対応、オンラインプライバシー保護の整備など、市場のニーズに合わせてサービス範囲の拡大・充実化を図っている。

 「PrediX」をはじめとする既存のサービスを含め、CCIが提供可能なデータに関する様々なコンサルティングサービスを「DataCurrent」のもとに統合。媒体社向けの「DataCurrent for Publisher」、広告主・事業会社向けの「DataCurrent for Marketer」の2つの軸でサービス展開していく。

サードパーティーデータ:自社やパートナー企業以外の第三者である外部のデータ 
セカンドパーティーデータ:特定の企業やパブリッシャー等の外部のデータ

【関連記事】
データ活用戦略を推進!BICPがエクスチュア、DI.と合弁会社「ビーアイシーピー・データ」を設立
最適なユーザーセグメントを実現!「Ameba」が英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携
マクロミル、横浜市立大学と「データサイエンス共同研究室」を設立/企業のビッグデータ利活用を促進
熊本大学とCENTRICが共同研究を開始/コールセンターの音声ビッグデータ解析で顧客満足度向上へ
クライドのDSPがGMOリサーチの消費者データと連携 高精度なターゲティング広告配信が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5