SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドメインやURLを詐称するサイトをリアルタイムに検知!マイクロアドのSSPサービスに新機能が追加

 マイクロアドは、同社のSSPサービス「MicroAd COMPASS」において、広告取引の健全性・安全性を強化するアドフラウド対策の一環として、「ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知」と「広告配信停止機能」を新たに搭載した。

 ドメインスプーフィングとは、広告掲載先サイトが、広告取引においてWEBサイトのURLを偽ることで、不正に広告収益を獲得するアドフラウドの手法。同社はこれまで、審査チームによる目視での事前事後のサイト審査体制を敷いていたが、本機能の搭載によって、リアルタイムにドメインやURLを詐称するサイトを検知し、即時に広告配信を停止することが可能になる。

【関連記事】
マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始 ブランドセーフティーの取り組みを強化
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
マイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」、強制リダイレクト広告の検知対策をスタート
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
マイクロアド、ソフトブレーン・フィールドと業務提携~O2Oマーケティング支援事業をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/10 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29430

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング