MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ドメインやURLを詐称するサイトをリアルタイムに検知!マイクロアドのSSPサービスに新機能が追加

2018/10/10 17:00

 マイクロアドは、同社のSSPサービス「MicroAd COMPASS」において、広告取引の健全性・安全性を強化するアドフラウド対策の一環として、「ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知」と「広告配信停止機能」を新たに搭載した。

 ドメインスプーフィングとは、広告掲載先サイトが、広告取引においてWEBサイトのURLを偽ることで、不正に広告収益を獲得するアドフラウドの手法。同社はこれまで、審査チームによる目視での事前事後のサイト審査体制を敷いていたが、本機能の搭載によって、リアルタイムにドメインやURLを詐称するサイトを検知し、即時に広告配信を停止することが可能になる。

【関連記事】
マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始 ブランドセーフティーの取り組みを強化
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
マイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」、強制リダイレクト広告の検知対策をスタート
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
マイクロアド、ソフトブレーン・フィールドと業務提携~O2Oマーケティング支援事業をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5