SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

AI、どんな職業で活躍して欲しい?

 AI、人工知能が多くのメディアで取り上げられるようになったのは2015年以降であろう。Googleが開発したAlphaGo(アルファ碁)が人間の思考では考えられない手を繰り出し、プロの囲碁棋士を打ち破ったことは記憶に新しい。また、2017年にはAmazon Echo、Google Homeなど音声認識機能を搭載したAIスピーカーが相次いで発売され、ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされた。このようにAIという言葉が日常的に使われるようになり、そしてその技術を使った装置が徐々に私たちの生活の中にも浸透し始めている。おそらく10年後、そのAIと共に働いているだろう現役世代(20~49歳の就業者)を対象に、AIが様々な職業に与えうる影響について調査を行った。

※本記事は、2018年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』34号に掲載したものです。

AIの認知率は98%

 まず、AIという言葉が現役世代の間で、どのくらい浸透しているのか調査した(図表1)。

図表1 AIの理解度ベース:全体(n=1,000)/単一回答
図表1 AIの理解度
ベース:全体(n=1,000)/単一回答

 理解のレベルはともかく、AIを「知らない」と回答した人はわずか2%であり、認知率で言えば98%と、ほぼすべての人が認知している。しかし、AIという言葉の認知率がいかに高いとはいえ、「名前を聞いたことがある程度」と回答した人が41%含まれるため、AIによって生活がどのように変わっていくのか、というところまでは考えられていないであろう人も多い。

▼調査レポート
『AIに置き換わる職業、人間が行うべき職業は?就業者1,000人調査』(HoNote)

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
AIに頼るべき職業、頼るべきではない職業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティング・リサーチのリーディング・カンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、お客様のマーケティング課題解決に向けて最適なソリューションを提供している。世界13カ国、34の拠点を展開しており、世界に誇れる実行力と、時代を変革...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング