SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天とAdRoll Group、広告プラットフォームを提供する新会社「楽天アドロール」を設立

 楽天とAdRoll Groupは、パフォーマンス広告プラットフォームを提供する新会社「楽天アドロール」を設立する。新会社は2018年11月1日に営業を開始。広告主はこの日から、楽天のビッグデータを活用した広告ソリューション「Rakuten Marketing Platform」と、データ主導の広告で消費者の購買行動を促進させるAdRoll Groupの知見が組み合わさった、同社の商品を利用できる。

 AdRoll Groupは、顧客インテリジェンス、顧客活性化、顧客評価のテクノロジーを搭載した製品群を通じて、広告主企業のビジネス成長を支援するアメリカの企業だ。

 楽天の副社長執行役員CROである有馬誠氏は、「楽天市場の出店店舗や広告主企業は、楽天アドロールの商品を利用することで、デジタル広告キャンペーンについて限られた経験しかなくても、より直接的に統合型のマーケティングキャンペーンを生成することができるようになります」と述べている。

 また、「Rakuten Marketing Platform」との連携により、楽天の保有するビッグデータの利用が可能に。AdRoll Groupの顧客アイデンティティに関するテクノロジーや専門知識を活用し、パーソナライズ化された商品広告やおすすめ広告を生成して、ユーザーを継続的に引きつけ、行動に影響を与えることができる。

 両社は今後、新会社を通じて様々なクライアント企業に対応した商品を充実させていく。

【関連記事】
楽天IDとぐるなび会員IDが連携 飲食店舗へ「楽天エコシステム」を拡大
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューションを採用 購買傾向などを容易に可視化
楽天インサイト、インフルエンサーの意見を直接活用できる調査サービスをリリース
AdRoll、「楽天市場」の出店店舗向けに広告ソリューションの提供開始
AdRoll Japan、「ネイティブ広告」の販売を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/19 15:30 https://markezine.jp/article/detail/29519

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング