MarkeZine(マーケジン)

記事種別

TikTokが音楽プレーヤーとしても利用可能に?「TikTok」と「AWA」が業務提携を締結 

2018/10/22 16:30

 サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」を運営するAWAは、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と、音楽事業における業務提携を締結した。

 これにより、TikTokユーザーは、新たにDA PUMP、倖田來未などの楽曲2.5万曲を、TikTokの動画撮影時に利用することが可能になる。なお、楽曲は随時追加を行い、年内で利用可能楽曲数500万曲を目指していく。

 また今回の連携により、AWAに登録しているユーザーは、TikTok上で音楽をフル再生することができ(※)、TikTokを音楽プレーヤーとして使うことが可能になる。AWA内にはTikTokへのシェア導線が追加され、ユーザーはシームレスに両サービスを利用することができる。

 またTikTokアプリ内には公式AWAチャンネル開設され、TikTokユーザーへおすすめ楽曲のリコメンドを行う。TikTokユーザー向けのAWA有料プラン優待キャンペーンなども実施予定だ。

 本提携内容は、11月初旬よりサービスの開始を予定している。今後両社は連携をはかり、新人アーティストの発掘・オーディションや、オリジナル楽曲の制作、共同プロモーション・キャンペーンなど、多角的な事業展開を行っていく。

(※)AWAのStandardプランに登録しているユーザーはフル再生、Freeプランのユーザーは30~90秒再生となる。

【関連記事】
セプテーニが「TikTok LAB」を設立 運用型広告における効果的なクリエイティブを研究
エイベックス、Tik Tokに約25,000曲を開放!包括的楽曲ライセンスで提携
ベクトルが「Tik Tok」の新広告パートナーに/日本市場に合った広告販売を支援
Tik Tokがmusical.lyと統合!動画制作機能を拡充し、新たなアプリとしてグローバル展開へ
10代の「Tik Tok」認知率は7割越え/YouTube広告への印象に変化【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5