SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アライドアーキテクツ、中国版Tik Tokの「抖音」を活用したプロモーション支援を開始

 アライドアーキテクツは、中国のインフルエンサープラットフォームエージェンシーである映天下(以下、IN MCN)と連携。日本企業に対して、「Tik Tok」の中国版アプリ「抖音短視頻(ドウインドゥアンシピン)」を活用した、中国向けプロモーションを支援するサービスを開始した。

 同アプリはショート動画を共有するもので、中国国外では「Tik Tok」の名称で公開されている。同アプリの中国国内でのアクティブユーザー数は、1日あたり1.5億人を超える。なお、IN MCNは今年9月、同アプリの広告プログラム「星図(スターツアー)」の公式パートナー企業に認定された。

 「星図」には、IN MCNが擁する同アプリの人気インフルエンサー約1,200人が登録されている。日本企業は、今回アライドアーキテクツが提供するサービスにより、登録されたインフルエンサーを広告コンテンツの制作・拡散に起用することが可能となる。

 同サービスでは、アライドアーキテクツがインフルエンサーの選定や交渉、商品提供、動画の企画立案、効果測定など、プロモーション施策に必要な作業を一括して請け負う。これにより、日本企業は、多額の費用や時間・手間をかけることなく、中国国内のユーザーに向けて広告コンテンツを発信し、商品の認知拡大や購買促進などにつなげることができる。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、LINEのトークルーム上で参加まで完結するキャンペーン施策の支援を開始
AI×動画×SNSで「個」へのマーケを進化!アライドアーキテクツ、新会社AiCON TOKYOを設立
当選結果を即座に通知!アライドアーキテクツ、Twitterキャンペーンの支援ツールに新機能を搭載
エイベックス、Tik Tokに約25,000曲を開放!包括的楽曲ライセンスで提携
ベクトルが「Tik Tok」の新広告パートナーに/日本市場に合った広告販売を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/22 16:00 https://markezine.jp/article/detail/29530

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング