MarkeZine(マーケジン)

記事種別

住信SBIネット銀行、「WeChat Pay」の取り扱いを開始 アプリ提供などでマーケティングも支援

2018/10/30 13:45

 住信SBIネット銀行は10月30日、「WeChat Pay(微信支付)」の運営会社Tenpay(財付通)と加盟店契約を締結し、「WeChat Pay」ブランドの取り扱いを開始した。

提携イメージ
提携イメージ

 「WeChat Pay」は、中国のコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」に紐づいたモバイル決済サービス。同サービスを導入する店舗では、商品やサービスの代金支払いや他のユーザーへの送金などをアプリで行うことができる。

 昨今、日本国内における中国人観光客の消費総額は訪日観光客全体の約4割(※1)に達しており、中国電子決済に対する店舗の関心も高まっている。「WeChat Pay」の決済手段を導入することで住信SBIネット銀行は、同社の加盟店を通じたストレスフリーな購買体験を中国人観光客に提供していく考えだ。

 同社はまた、「WeChat Pay」用の決済アプリを提供しているCYUI(承遠國際)と提携。CYUIは、中国で年間1.4億の利用実績を持ち、メトロ電子チケットや有料道路料金、電子納税などにおける決済サービスを提供している。その他にも、店舗の商品情報やお得なクーポン配布による購買促進といった、利用客に対するプッシュ型のアプローチを得意としている。

 これにより住信SBIネット銀行は、CYUIのマーケティング機能(クーポン発行など)を日本でもシームレスに利用できる環境を構築。大手鉄道事業者やホテルチェーン、飲食・衣服チェーンなど、幅広い業界に取り扱い加盟店を拡大することで、中国人観光客の利用を促進していく。

※1 観光庁 平成29年 年間値(確報)「訪日外国人消費動向調査」

【関連記事】
住信SBIネット銀行、TeradataのDB基盤とBIを導入 カスタマージャーニーの可視化を目指す 
住信SBIネット銀行など3社、AIソリューションを活用したデジタルマーケティングの試験運用を開始
ペイサー、DACとパートナーシップを締結 WeChatの運用支援などインバウンド施策を強化
クロスシー、WeChat専用のCRMツール「Wedocrm(微答)」の国内独占代理販売を開始
第一興商、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay」をビッグエコーに導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5