SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

brainy、パブリッシャー向けにフルオーダー性のレポーティング集約サービスを提供開始

 オプトグループのbrainyは、パブリッシャー支援事業において、フルオーダー制レポーティング集約サービス「bReporter(ビーレポーター)」をリリースした。

同サービスにより、パブリッシャーはレポート作成工数を削減できる
同サービスにより、パブリッシャーはレポート作成工数を削減できる

 昨今、運用型広告の収益化において、日々のモニタリングが煩雑化し、工数が増加している。パブリッシャーは、5社から20社ほどの広告配信事業社を使用して、最適化運用することが一般的。各広告配信事業社の管理画面などからデータを取得・統合し、全体の収益管理や個社別のパフォーマンスをモニタリングするために、自動・手動を組み合わせた独自の仕組みを構築しているケースが多い。また、アドサーバーへ広告リクエストを送る前に、入札競争を行うことで、より収益の高い広告を表示する「ヘッダービディング」などの技術により、レポート集約が複雑化している。こうした背景から、同社は、同サービスの提供に至った。

 同サービスでは、アドサーバーの種類やウォーターフォールの構造に関わらず、パブリッシャーが数値を取得している全広告配信事業社のレポーティングを集約。アウトプットはフルオーダー制のため、パブリッシャーごとに必要な指標に合わせたカスタマイズが可能だ。パブリッシャーは、定期的に確認できる集約レポートを基に、最適化を実行できる。

 レポートのオーダー内容項目には、たとえば、「複数送付先指定」や「配信時間指定」、「KPI設定(インプレッション、クリック、収益など)」、「広告枠別、サイト別、日別、月別」などが用意されている。

 同サービスの活用により、パブリッシャーは、レポート作成工数の削減を期待できる。また、最適化に必要なファクトがタイムリーに手元に届くため、改善策実行の判断スピードが向上する。

【関連記事】
brainy、パブリッシャー向けにプログラマティック広告運用の一貫した支援サービスを提供
パブリッシャートレーディングデスクbrainyとZucks Ad Network、インフィードで連携
オプトの「Spin App」が「Repro」と連携 アプリデータを統合しリテンション施策へ応用可能に
オプト、宣伝会議と共同で「O2Oマーケティング研究会」を発足 小売業のデジタルシフト推進を支援
オプト、「Amazon戦略部」を新設 顧客企業のAmazonチャネルシフト支援サービスを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/02 12:02 https://markezine.jp/article/detail/29619

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング