SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

playgroundとイベントレジストが業務提携 セミナー等でもアプリ不要の電子チケットが利用可能に

 playgroundとイベントレジストは業務提携し、両社が展開するイベント運営者向けプラットフォームの連携を開始した。これにより、ビジネス系のセミナーやカンファレンス、展示会等の法人向けイベントにおいても、各種デジタルサービスの活用が可能となる。

 今回連携したのは、イベントレジストがイベント運営者向けに提供する「EventRegist(イベントレジスト)」と、playgroundが運営する「MOALA」だ。

 「MOALA」は、ライブ運営の各フェーズにおいてデジタルサービスを提供するプラットフォーム。機能のひとつとして、アプリ不要で電子チケットを発券できるサービス「Quick Ticket by MOALA」を備えている。

 今回の連携によって、「EventRegist」でも同サービスを利用可能に。具体的には、小型の専用スタンプ(電源不要)をスマートフォンに押印するだけで、イベントの来場者を管理できる。また、イベント参加企業の営業担当に、来客情報をメールで通知するサービスもある。これにより、入場管理の負荷軽減や、法人イベントの営業効率の向上が期待される。

 また今後はさらなる連携として、「MOALA」のチャット機能を用いた来場者に対するリアルタイムのコミュニケーションや、「MOALA Market」を通じたドリンク券、試供品引換券、アンケートの配布や回収など、来場者に対してマーケティング活動を行うための各種機能を追加する予定。

【関連記事】
playground、アプリに組み込むだけで電子チケット発券を可能にする新サービスをリリース
イベントへの関心高いユーザーに広告配信~フリークアウト、イベントレジストと協働でサービスリリース
オラクルとイベントレジストが連携、イベント来場者情報をマーケティング・オートメーションに活用
フリークアウト、イベントレジストへ出資~イベント参加データを活用し、O2O施策を加速
西武ライオンズ、電子チケットとLINE@活用開始 チャットベースのスマートスタジアム化を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/06 08:30 https://markezine.jp/article/detail/29642

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング