SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

越境ECのサイト開設をトータルサポート!CTC、中国におけるITシステム構築支援サービスを開始

 伊藤忠テクノソリューションズは、中国に進出する企業に対して、協力パートナーと連携したITシステムの構築支援サービスの提供を開始した。

 中国国内でのスマートフォンの普及にともない、越境ECサイトの市場は拡大傾向にある。しかし、2017年6月に施行された中国サイバーセキュリティ法では、中国国内で収集した個人情報や生成した業務データなどを、中国政府の許可なく持ち出すことは禁じられている。このため、越境ECを行うには中国国内でサービスサイトを構築する必要がある。

 そこで同社は、中国に進出する企業向けに、パブリッククラウドを活用した中国国内でのシステム構築支援サービスをリリース。コンサルティングからクラウドを含めたシステム構築、アプリケーション開発、運用までをトータルで支援する。また、協力パートナーと連携し、中国での対応や中国語でのサポート、WebサイトやECサイトの開設に必要な許可証「ICP登録/ICPライセンス」の申請や取得支援も行う。同社は、同サービスを3年間で20社へ提供することを目指している。

 さらに同社は、Alibaba Groupのクラウドサービス「Alibaba Cloud」の取り扱いも開始。仮想サーバに加え、ストレージやデータベース、負荷分散などの機能を含めて、システムの設計や構築、運用などのサービスを提供する。

【関連記事】
CTC、トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発
CTCとアサヒビール、クラウド型予測分析ソフト活用した飲食店向けビッグデータ分析の協業を開始
中国越境EC事業を一気通貫で支援!ADK、中国にADK Digital Technologyを設立
ADK、中国越境EC事業へ本格参入! 京東集団が出資するフランクジャパンと出資契約を締結
日中韓の3ヵ国言語に対応!GMOメイクショップ、韓国企業と提携し越境EC支援サービスを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/12 14:00 https://markezine.jp/article/detail/29707

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング