MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大量のシナリオ管理を簡単に!ブレインパッド、BtoC向けのMA「Probance」を強化

2018/11/14 13:45

 ブレインパッドは11月13日、BtoC向けマーケティングオートメーション(以下、MA)「Probance(プロバンス)」のバージョンアップを発表した。

 「Probance」は、顧客とのコミュニケーションからニーズを予測するBtoC向けのMAツール。髙島屋やパーソルキャリア、九州旅客鉄道(JR九州)などが活用している。

 今回のバージョンアップによって同ツールでは、過去に実施したキャンペーン(メール送信施策)の結果に応じたフォローアップキャンペーンが簡単に追加できるようになった。対象となるキャンペーンの「開封者/非開封者」「クリック者/非クリック者」ごとに、次のアクションを設定することができる。

 また、「ビジュアルシナリオマネジメント」では、複数のキャンペーンの関連性を可視化。特定のキャンペーンにマウスオーバーすることで、設定内容やプレビュー、関連する他のキャンペーンの配信タイミングなどを確認できる。これによって、実際にマーケティングシナリオを設計した担当者以外でも、フローの把握や大量のシナリオ管理が行える。

「Probance」管理画面イメージ
「Probance」管理画面イメージ

 加えて、顧客企業ごとにカスタマイズされた「イージーテンプレート(※有料オプション)」を使用することで、テキストの編集やイメージ画像の差し替えといった基本的な操作を簡単に行える。HTMLの記述に不慣れな担当者でもメールの作成が容易となり、負担の軽減が見込める。

「イージーテンプレート」イメージ
「イージーテンプレート」イメージ

 その他、「Facebookコネクタ」機能では、ボタン一つで同ツール内のセグメント情報をFacebookと連携。ユーザーの行動や会員情報をもとに、Facebook広告のターゲット条件を指定することができる。

【関連記事】
EC業務を自動化!ブレインパッド、RPAテクノロジーズと「EC業務支援パッケージ」を提供開始
AI活用で画像を軸にした分析が可能に ブレインパッド、ソーシャルリスニングツールに新機能を追加
ブレインパッドのBtoC向けMA「Probance」、DACの「DialogOne」と連携を開始
宿泊施設予約サイト「ゆこゆこネット」、ブレインパッドのDMPを活用しCVR2.5倍を実現!
ブレインパッド、顧客の好みに合わせたレコメンドを生成する「Conomi」を開発 MAツールとも連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5