SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂プロダクツ、NTMと資本提携 「コンタクトセンター」「フルフィルメント」など事業領域を拡大

 博報堂プロダクツは、日本トータルテレマーケティング(以下、NTM)と資本提携したことを発表した。

 NTMは、カスタマーサポートやセールスサポート、CRMシステムやチャット・SNS運用を行うコンタクトセンター事業、商品の在庫管理・入金管理や物流をワンストップで行うフルフィルメント事業、事業戦略立案から制作・運用・集客・検証をワンストップでサポートするEC総合支援サービス、これらのサービスを支えるシステムソリューションに強みをもつ。

 今回の資本提携により、博報堂プロダクツは、従来のプロモーションや制作領域に加え、「コンタクトセンター」「フルフィルメント」「EC」等の事業領域の拡大を図る。

 またNTMは、博報堂プロダクツが持つデジタル対応力、データ活用力、コンテンツクリエイティブ力などを活用することで、中期経営計画で掲げている「事業領域の拡大と新たな収益機会への挑戦」を推進していく。

【関連記事】
博報堂プロダクツ、自ら企画・設計にも参画した新スタジオ「EN studio」を設立
博報堂プロダクツ、小売企業のアプリマーケを支援するCRMプラットフォーム「Katta!」リリース
博報堂プロダクツ、「営業・販売支援」事業領域の拡大へ
博報堂と博報堂プロダクツ、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立
博報堂など、店頭でのブランドエクスペリエンス機能を担う店舗内装会社の株式取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/06 15:15 https://markezine.jp/article/detail/29916

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング