SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NECが語る顧客エンゲージメントを深めるBtoBマーケティング【MarkeZine Dayニュース】

 マーケティングの最新トレンドや事例を紹介する「MarkeZine Day 2019 Spring」が3月7日(木)・8日(金)に開催される。初日、10時からのセッションでは日本電気の東海林直子氏が登壇。顧客やテクノロジーの変化に対応するBtoBマーケティング手法について語る予定だ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Spring
登壇セッション:BtoB領域でも進むモバイルシフト! NECはいかにデジタル時代の顧客変化に対応しているか
日時:2019年3月7日(木) 10:00~10:45
会場:ソラシティカンファレンスセンター 
   〒101-0062 千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ2F
参加費:無料(事前登録制)

 東海林氏は講演にかける思いを次のように語っている。

 「NECがビジネス情報サイト『wisdom』でメルマガをスタートさせたのが2004年。当時は週に3本のメルマガを配信し、各メルマガの編集担当が“前書き”として100字程度の文章を冒頭につけていました。1分スピーチのように担当者が知恵を絞って書くその文章は、時事ネタや歴史、ことわざネタ、身の回りのささいな事柄まであり、おもしろいもので自然とそれぞれの個性がにじみ出て、お客様から多くの感想をいただいていました。メルマガ立ち上げ期、そのような顔が見えるコミュニケーションを大事にしていたことを思い出します。デジタル全盛時代、お客様とのコミュニケーションは様変わりしました。情報が溢れ、すぐに流れていってしまう中で、ますます多様になっていく顧客とどのようにエンゲージメントを深めていくのか。デジタルテクノロジーを活用しながらも、今も変わらず想いが伝わるコミュニケーションが大事なのではないかと思っています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/22 08:00 https://markezine.jp/article/detail/30185

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング