SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AP通信、海外広報サービスを日本で開始 企業の目的に合わせたコンテンツを提案・制作し契約社などに配信

 AP通信東京支局は、ニューヨークとロンドンを拠点とするAP海外広報サービス部門をアジアに拡大。日本において海外広報サービスを開始する。

 同サービスは、企業や製品ブランド、自治体に対して、目的に合わせた映像や写真、記事などを提案し、有料で制作するもの。メディア視点のコンサルティングを通して発信力の強い題材を選び、ストーリー性のあるコンテンツを制作できるのが強みだ。

 コンテンツは同社のニュース配信網を通じて、契約社である日本や世界のメディアに配信。また、同社のニュースアプリやWebサイトにも、記事広告として出稿される。

 なお、同サービスはニュース編集部門と切り離されており、コンテンツ制作はAP通信の専門契約スタッフによって行われる。

【関連記事】
Spectee、AP通信社と事業提携 海外メディアにもSNSから取得した動画コンテンツ配信へ
AP通信、大学スポーツの記事作成にAutomated Insightsの自動記事生成サービスを活用
AP通信がiPadへのコンテンツ有料配信計画
共同通信PRワイヤー、プレスリリース素材を動画に変換しFacebook動画広告として配信
PR TIMESとJX通信社、ジャンルを絞った超特化型ニュースアプリを20週連続で公開へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/07 14:30 https://markezine.jp/article/detail/30343

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング