SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インティメート・マージャーとギフティが連携 サイト来訪者のLTVを判定してキャンペーン精緻化が可能に

 インティメート・マージャーはギフティと連携し、企業が自社サイト上でキャンペーンを行う際に、サイト来訪者のLTVを事前に判定し、キャンペーンのターゲティングを精緻化できるサービスの提供を開始した。

 ネット上でキャンペーンを実施する企業には、キャンペーンの効果が見込めるロイヤリティの高いサイト来訪者に限定して、割引券などを発行したいというニーズがある。

 そこで同社は、法人向けデジタルチケットサービス「giftee for Business」を展開するギフティと連携。同社が保有する約4.7億件のオーディエンスデータに基づき、サイト来訪者のロイヤリティを事前に判別し、キャンペーン対象者の選定を可能にするサービスをリリースした。

 同社は今後、「giftee for Business」内のソリューションである「giftee campaign platform」との連携を通じて、TwitterやLINEを介したギフト配信にも対応する。また、サンプリングを実施するメーカーや実店舗への来店促進を行いたい自動車メーカーといった広告主企業に対し、データを活用したマーケティングによる顧客獲得単価の改善を支援していく。

【関連記事】
インティメート・マージャーのDMPと「activecore marketing cloud」が連携
インティメート・マージャー、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービスを提供開始
インティメート・マージャーが米Drawbridgeと連携 クロスデバイス技術活用でDMPの精度を向上
顧客に応じた効果的な接客を実現!インティメート・マージャー、ShowTalkとのデータ相互連携を開始
ネオマーケティングがインティメート・マージャーと提携 ブランドリフト効果の分析サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/08 16:00 https://markezine.jp/article/detail/30354

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング