SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ三社、販促・店頭領域のデジタルソリューションを推進する「Boostore」を発足

 電通デジタルと電通、電通テックの三社は共同で、販促・店頭領域のデジタルソリューションをグループ横断で推進するプロジェクトチーム「Boostore(ブーストア)」を発足した。

 従来の店頭販促では、商品の購入を条件とするマストバイキャンペーンなど、短期的な売り上げ向上に焦点を絞る施策がほとんどであった。しかし、マーケティングのデジタル化の進展とともに個人認証や電子決済などが進んでおり、今後はOMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)時代の到来が予想される。販促・店頭領域でも、生活者ごとの購買状況や行動状況を踏まえた、中長期的なマーケティングに寄与し、生活者の購買状況・行動状況を可視化するソリューションのニーズが高まっている。

 電通デジタルは、デジタル領域のソリューションを提供しており、電通では、店頭での来店や購買の計測および促進につながる各種ソリューションを開発している。また電通テックでは、販促キャンペーンにおいて総応募口数が約1,500万口という大量の応募者情報を取り扱っている。三社は連携により、専門性を担保しながら、スピード感のある包括的なソリューションの開発・提案を行っていく。

 第一弾ソリューション強化として、電通デジタルが大きな取り扱いシェアを誇るサービス「LINE Sales Promotion」において、LINEと連携し、ソリューションを開発・提供する。具体的には、キャンペーンプラットフォームを提供するLINE Sales Promotionで得られた販促領域における生活者行動データと、電通グループの保有する人基点のデータ「People Driven DMP」を掛け合わせながらマーケティング施策を推進し、デュアルファネルでビジネス成長をサポートしていく。

【関連記事】
電通グループ2社、デジタル広告におけるアドベリフィケーション問題への対応強化 2施策の正式運用を開始
電通、米アモビー社と「ブランド・インテリジェンス分析」を活用したサービスを開発・提供へ
電通、米Filterを買収 米国でのデジタルマーケティング戦略を加速
電通とCCI、OOH広告の「自動的な広告売買・配信」実験を開始 OOH広告ビジネスのデジタル化を推進
ドコモと電通が新会社「LIVE BOARD」設立へ デジタルOOH広告事業の普及・拡大を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/12 10:30 https://markezine.jp/article/detail/30355

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング