SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルワイヤー、 Twitterの指定キーワード調査サービスを開始 ツイートのポジネガ判定も可能

 ソーシャルワイヤーは、Twitter上で、事前に指定したキーワードが含まれるツイートを、調査・集計するサービスを開始した。

 同サービスは、記事調査サービス「アットクリッピング」のオプションとしてリリースされたもの。Twitterを活用したプロモーションを展開する際、調査したいキーワードを指定すると、ツイート数や投稿者のフォロワー数、ツイート内容、ツイートに使用されたハッシュタグを確認できる。加えて、抽出されたツイートのリーチを測る指標として、各ツイートのリツイート数やリプライ数、いいね数を把握することも可能だ。

 また、各ツイートのエンゲージメント率(リツイート数+リプライ数+いいね数をフォロワー数で割った数値)も自動で集計されるため、自社のプロダクトなどに親和性の高いインフルエンサーをTwitter上で発見できる。

 さらに、プロモーション時のツイートを分析するだけでなく、自社商品をオーガニックにツイートしているユーザーを常時調査することで、表示されたツイート内容から自社商品に対するフィードバックを得ることも可能。事前に指定キーワードに加えて、登録したポジティブワードやネガティブワードによる各ツイートのポジネガ判定も行えるため、自社商品のユーザーやロイヤリティの高いファンの発見につながる。

【関連記事】
ソーシャルワイヤー、「アットプレス」においてプレスリリースをTwitter広告に出稿できる機能を追加
SBPS、ソーシャルワイヤーと業務提携~マーケティング支援の拡充へ
Twitterを活用したキャンペーン施策、利用率は約3割【マイボイスコム調査】
Twitter広告のキーワードターゲティングを自動最適化!「BuzzSpreader」に新機能が追加
ユニークビジョンのインスタントウィンシステムがLINEに対応 Twitterとの連携も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/28 16:00 https://markezine.jp/article/detail/30496

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング