MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルワイヤー、 Twitterの指定キーワード調査サービスを開始 ツイートのポジネガ判定も可能

2019/02/28 16:00

 ソーシャルワイヤーは、Twitter上で、事前に指定したキーワードが含まれるツイートを、調査・集計するサービスを開始した。

 同サービスは、記事調査サービス「アットクリッピング」のオプションとしてリリースされたもの。Twitterを活用したプロモーションを展開する際、調査したいキーワードを指定すると、ツイート数や投稿者のフォロワー数、ツイート内容、ツイートに使用されたハッシュタグを確認できる。加えて、抽出されたツイートのリーチを測る指標として、各ツイートのリツイート数やリプライ数、いいね数を把握することも可能だ。

 また、各ツイートのエンゲージメント率(リツイート数+リプライ数+いいね数をフォロワー数で割った数値)も自動で集計されるため、自社のプロダクトなどに親和性の高いインフルエンサーをTwitter上で発見できる。

 さらに、プロモーション時のツイートを分析するだけでなく、自社商品をオーガニックにツイートしているユーザーを常時調査することで、表示されたツイート内容から自社商品に対するフィードバックを得ることも可能。事前に指定キーワードに加えて、登録したポジティブワードやネガティブワードによる各ツイートのポジネガ判定も行えるため、自社商品のユーザーやロイヤリティの高いファンの発見につながる。

【関連記事】
ソーシャルワイヤー、「アットプレス」においてプレスリリースをTwitter広告に出稿できる機能を追加
SBPS、ソーシャルワイヤーと業務提携~マーケティング支援の拡充へ
Twitterを活用したキャンペーン施策、利用率は約3割【マイボイスコム調査】
Twitter広告のキーワードターゲティングを自動最適化!「BuzzSpreader」に新機能が追加
ユニークビジョンのインスタントウィンシステムがLINEに対応 Twitterとの連携も視野に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5