SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第103号(2024年7月号)
特集『ターゲティング大変革期の到来 規制・制限の向こう側から、押し寄せる「良波」が見えてきた!』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TDSEとSKIYAKIが業務提携 AIを活用したファンマーケティングの新規開発に注力

 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(以下、TDSE)と、オムニチャネルプラットフォームを提供するSKIYAKIは、AIを活用したファンマーケティングにおけるサービスの企画・開発を目的に業務提携を行った。

提携イメージ

 TDSEは、AIの構築ノウハウや経験を豊富に備えた企業。これまで同社は、機械学習やディープラーニング技術を活用した独自開発のAIエンジン「scorobo」を活用することで、企業のサービス・プロダクトに新たな価値を提供してきた。

 対してSKIYAKIは、500以上にものぼる有名アーティストやタレントなどの公式ファンサイトの制作・運営および公式グッズのECサイト、電子チケットサービスなどを展開。同社が提供するサービス「bitfan(ビットファン)」では、ファンクラブへの入会・継続やファンサイトでのログイン履歴、ECサイトでのグッズの購入状況、SNS上での応援・拡散など、様々な行動履歴を収集してファンの熱量を可視化することができる。

 今回の業務提携によって両社は、「bitfan」における高度なデータ分析技術と新たなAIの活用を進め、グローバル展開を視野に入れたサービスの提供を目指していく。

【関連記事】
CCC、SKIYAKIと資本提携~CCCの会員基盤を活用したファンサイト・ファンクラブ事業展開へ
DAC、レポハピとの資本提携で「ファンマーケティング」のサービス体制を強化
AI活用で「不正広告」の検出・無効化を支援/MetaX、「adChain Audits」提供へ
AI活用でカラーや着こなしなどのトレンドを予測!三陽商会とファッションポケットが業務提携
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/01 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30503

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング