SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本郵便、LINEの「通知メッセージ」によるお届け予定通知サービスを開始

 日本郵便は、ゆうパックのサービス改善として、コミュニケーションアプリLINEの「通知メッセージ」によるお届け予定通知の配信を、2019年3月18日(月)から開始する。また、ゆうパックの受け取りにおける各種サービスを「e 受取アシスト」と総称し、受け取りの利便性向上を目指していく。

 LINEの「通知メッセージ」による通知サービスでは、ゆうパックの宛名ラベルに記載された「お届け先電話番号」と、LINEに登録されている電話番号が一致した荷受人に、LINEの「通知メッセージ」によるお届け予定通知を配信する。「通知メッセージ」を受け取った荷受人は、Web上でお届け日時や受取場所を変更することができる。

 「e 受取アシスト」では、ゆうパックのお届け予定日時やご不在通知をLINEまたはメールでお知らせする「e お届け通知」と、「e お届け通知」からお届け日時や受取方法を変更できる「e 受取チョイス」の二つのサービスを提供する。また、本年3月18日(月)から開始する指定場所配達サービスの指定場所として、「玄関前」を追加する。

 日本郵便は、今後も荷物の「差し出しやすさ」「受け取りやすさ」を追求した、ゆうパックのサービス改善に取り組んでいく。

【関連記事】
「情報銀行」の実現に向けた実証実験を開始/日立製作所、東京海上日動、日本郵便、DACら6社が参画
日本郵便、全日本DM大賞を発表 GPはソフトバンク
Webブラウザ上で“触れる”3D広告サービスをセガゲームスが開発 日本郵便などが採用
Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス「B2B LoveLetter」提供へ
日本郵便、医薬品等の通販事業でココカラファインと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/30586

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング