SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

私のキャリア

大切なのは連続性 「やりたいこと」でつながる私のキャリア

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、ビーコンコミュニケーションズの越智麻央子氏を紹介する。日本コカ・コーラで、総合的なコミュニケーションプランニングのおもしろさを知った同氏は、ブランドマーケターから一転、代理店へと転職。あらゆるターゲットのインサイトを掴み、心を動かしたいと貪欲に挑んでいる。音楽にも造詣の深い越智氏が考える、これからのキャリアとは。

※本記事は、2019年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』39号に掲載したものです。

ブランドから代理店へ転職した理由

ビーコンコミュニケーションズ株式会社 Integrated Communications Specialist Opera&Classic Music Ambassador 越智 麻央子(Maoko Ochi)氏
5歳からバイオリンを始め、東京音楽大学付属高校でクラシック音楽を学ぶ学生時代を送る。早稲田大学卒業後、2010年に楽天へ入社。2014年からは、日本コカ・コーラにて主力ブランドのデジタルコミュニケーション開発や、IMCマーケティングに従事する。2017年には、コロンビアで開催された次世代リーダーサミット「One Young World」にも参加。2018年7月にビーコンコミュニケーションズへ入社し、現職。

――これまでのキャリアを教えてください。

 大学卒業後に新卒で楽天へ入社し、ECコンサルタントとして楽天市場に出店している店舗様の運営コンサルティングを担当しました。東京本社と大阪支社での勤務、そしてシカゴでの海外営業にも関わりましたが、あるお客様を担当したときにECのバナー広告、LP一つひとつにこだわる姿勢に大変影響を受け、ブランディングの重要性を強く実感し、ブランド側の仕事に興味を持ったのです。また、よりグローバルな仕事をしたいという気持ちも強くなり、2014年に日本コカ・コーラ(以下、CCJC)へ転職しました。

 CCJCでは、デジタルコミュニケーションマネージャーとIMC(Integrated Marketing Communication)プロジェクトリーダーとして、ファンタやスプライトなどのコミュニケーション設計に携わりました。デジタルコンテンツの開発やそれをレバレッジするためのデジタルメディアプランニングを、パートナーである広告代理店と一緒に形にしていきました。また、デジタル出身者として初めて任命されたIMCプロジェクトリーダーでは、新ブランドのヨーグルスタンドを担当し、Twitterのインスタントウィンを日本で最初に取り入れ、延べ参加回数50万回を達成しました。Twitter Japanの大きな協力もいただき、今も思い入れのあるキャンペーンです。そして、2018年の夏に、総合広告代理店のビーコンコミュニケーションズへ転職しました。

――CCJCでは大きなブランドを担当し、マーケターとして希望していたブランディングに関われていたと思います。なぜ、広告代理店へ転職を?

 IMCプロジェクトリーダーは、デジタルだけでなく、テレビなどを含めた、すべてのプランニングを把握し進行管理を任されます。ブランドチームと代理店の間をつなぐ新しい経験をするなかで、オフライン・オンライン問わず、コミュニケーション全体を設計できるコミュニケーションプランナーになりたいと思うようになりました。デジタル領域は、広告費の伸びとともに重要性が高まっていますが、デジタルだけですべてが解決するわけではありません。むしろ根本的なアイデア開発や全体設計ができた上で、手法としてデジタルも組み込んでいくべきだと思っています。そこで、コミュニケーション開発のプロである総合広告代理店で、総合的なコミュニケーション設計の業務を主務にしたいと思い転職を決意しました。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
幼少からの音楽キャリアも仕事の強みに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
私のキャリア連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

市川 明徳(編集部)(イチカワ アキノリ)

MarkeZine編集部 副編集長 大学卒業後、編集プロダクションに入社。漫画を活用した広告・書籍のクリエイティブ統括、シナリオライティングにあたり、漫画技術書のベスト&ロングセラーを多数手がける。2015年、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。漫画記事や独自取材記事など幅広いアウトプットを行っ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/25 14:15 https://markezine.jp/article/detail/30632

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング