SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

4ステップで成果向上!Zoffが実践した、位置情報を活用したO2O施策

 実店舗を持つ企業にとって、チラシやDMはまだまだ主力の販促手段だが、新たな選択肢としてデジタル活用を進める企業が増えている。2016年からオプトとそのグループ会社コネクトムとO2O施策を実施しているZoffも、その一社だ。位置情報を活用したデジタルマーケティングを実施して一定の実績を残しているZoffは、どのように施策を進めてきたのか。

需要期とお客様個別のニーズに対応

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、皆さんが担当している業務について簡単に紹介いただけますか。

株式会社ゾフ ゾフ事業本部 EC事業部 EC支援グループ 大平幸一氏 株式会社オプト オムニチャネルイノベーションセンター O2O戦略部 部長 本郷一也氏 株式会社コネクトム OMO セールスプランニング部 部長 山内宏記氏
左より、株式会社ゾフ ゾフ事業本部 EC事業部 EC支援グループ 大平 幸一氏
株式会社オプト オムニチャネルイノベーションセンター OMO戦略部 部長 本郷 一也氏
株式会社コネクトム オムニチャネルイノベーションセンター OMO セールスプランニング部 部長 山内 宏記氏

大平:私はメガネブランド「Zoff」のECサイトに関する施策をはじめとしたデジタルマーケティングを担当しています。今回の位置情報を活用した店頭送客に関しても携わっています。

本郷:私はオプトで有店舗事業者の支援を専門とするOMO戦略部にて、営業組織のマネジメントを行っています。また、山内の所属するコネクトムなど含めたオプトグループが一丸となってO2OやOMO(Online Merges Offline)の世界観を実現するべく活動している組織、オムニチャネルイノベーションセンターにも籍を置いています。

山内:私はコネクトムで実店舗の来店促進を目的としたサービスである「toSTORE(トストア)」を活用し、有店舗企業様の来店促進施策や新たな事例創出のご支援をしております。また、クライアントや代理店であるオプトの営業などから意見をもらい、toSTOREの開発やマーケティングの担当者に届ける役割も担っています。

MZ:これまでZoffでは、どのようにして店頭送客を促してきたのでしょうか。

大平:需要期やお客様個別のニーズに対して、それぞれの強みと弱みを補完し合うような形でオフライン、オンライン双方の施策を展開しています。

 需要期においてはオフラインの施策もかけ合わせ一定のリーチ数を担保しつつも、細かいチューニングが効くオンラインの施策も適時活用しています。そうすることで、お客様のニーズに応えた店頭送客を促しております。

Zoffが抱えていた2つの課題

MZ:オプトおよびコネクトムと取り組みを始めた経緯を教えてください。

大平:2016年頃から、シーズナリティを意識した施策に対して2つの課題を感じていました。1つは、ユーザーのメディア接触がデジタルに寄り、従来のオフライン広告を中心とした施策ではリーチしきれないという課題。そして、もう1つは効果測定に関する課題です。

MZ:オフライン広告だと広告効果が測れない、ということでしょうか。

大平:その通りです。オフラインだと広告の投下額と売上の相関を見ることでしか効果を確認することができず、中間指標を設定することもできませんでした。デジタル広告のようにPDCAを回せる仕組みを作りたかったのです。

 そこで、当時からtoSTOREを通じて位置情報を活用したマーケティングを支援しているコネクトムさんにお声がけしました。

MZ:今大平さんが挙げた内容を課題に感じている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本郷:多いですね。マスメディアだけではリーチできない層が増えていますし、ユーザーのメディア接触は明らかに変化しています。

 また、オフライン広告の効果測定に関して、もどかしさを感じることは多いと思います。オンライン上で展開した広告はその後の行動など含めた様々なデータを取得できますが、一般的なオフライン広告では難しいですからね。

山内:コネクトムでは、位置情報を活用した販促というのに2014年頃から取り組んでいます。最初は技術も発展途上でしたが、ここ1、2年でようやく存在感が出てきましたね。実際に、ご相談いただく機会も急増しており、企業のご担当者もその価値を少しづつ感じ始めているのかなと思います。Zoff様とのお取り組みは2016年からとなるので、かなり早くからご一緒させていただいた企業の1社です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
店頭のプロモーションをデジタルシフトするための4ステップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

水落 絵理香(ミズオチ エリカ)

フリーライター。CMSの新規営業、マーケティング系メディアのライター・編集を経て独立。関心領域はWebマーケティング、サイバーセキュリティ、AI・VR・ARなどの最新テクノロジー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/30654

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング