SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、KDDIとの「協争」強化 「Wowma!」出店店舗に「楽天スーパーロジスティクス」を提供

 楽天は、KDDIおよびauコマース&ライフが運営する総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」の出店店舗を対象に、総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス for Wowma!」を提供開始する。

 KDDIと楽天は、2018年11月より両社の保有する様々なアセットを相互利用し、それぞれの事業領域におけるサービス競争力を一層強化するサービス協争を促進しており、このたびの物流分野における取り組みもその一環となる。 

 楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、EC店舗向け総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」や配送サービス「Rakuten EXPRESS」などの自社物流機能の強化に取り組んでいる。

 「楽天スーパーロジスティクス」は、EC店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスで、これまでは「楽天市場」の出店店舗を対象に提供されてきた。このたび、両社の提携により、「楽天スーパーロジスティクス」の提供範囲を「Wowma!」の出店店舗に拡大する。対象商品の梱包箱には、「Wowma!」ロゴシールを貼り付けて出荷するという。

 なお、2019年4月時点においては、「Wowma!」の出店店舗のうち、「楽天市場」にも出店する店舗のみが本施策の対象となるが、今後対象店舗を拡大する計画だ。

【関連記事】
楽天、フリマアプリ「ラクマ」の利用実態公開/男女比や取引回数が多い県ランキングなどが明らかに
楽天、実店舗で購入した顧客にポイント付与が可能な成果報酬型広告「Rakuten Pasha」提供
楽天、筑波大学と「未来店舗デザイン研究事業」を開始 AIによる“未来のショッピング体験”開発へ
楽天グループ、ホームスタジアムを“完全キャッシュレス化”へ 「スマートスタジアム構想」を発表 
アドビの「Audience Marketplace」に楽天インサイトやビデオリサーチなど4社が参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/17 18:00 https://markezine.jp/article/detail/30902

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング