SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMO NIKKO、LINE公式アカウントのメッセージ管理ツールを提供 個人に最適化した配信が可能に

 GMO NIKKOは、統合管理型アドプラットフォーム「GMO MARKETING SUITE」において、LINEのMessaging APIを活用したSMB向けメッセージング管理ツール「GMO MARS Connect」の提供を開始した。

 LINE公式アカウントにおいてユーザーに最適化したメッセージ配信をするには、メッセージング管理システムを導入する必要がある。しかし、通常のメッセージング管理システムは、企業やサービスの用途に合わせて構築されることから、開発工数や費用の面で負担が大きい。そのため、低予算で展開されるサービスや、販促にコストをかけられない企業においては、利用のハードルが高かった。

 これに対し、同ツールの機能は必要なものに絞られており、低コストで導入可能。LINEユーザーを属性やアンケート回答履歴、購買履歴に基づいてセグメント化し、個人に最適化したメッセージを送信できる。

 なお、同ツールの具体的な機能には、LINEによるみなし属性データでは把握できないユーザーの声を収集できる「アンケート機能」や、ユーザーのサイトへの訪問履歴を活用し、ターゲットを絞ってセグメント化したメッセージ送信ができる「リターゲティング配信機能」、ユーザーのリアクションに応じてシナリオ化したメッセージ送信が可能な「ステップメッセージ配信機能」などが挙げられる。

【関連記事】
デジタル×リアルの企画立案が可能に!GMO TECH、インフルエンサー活用型のプロモサービスを開始
DSP「Logicad」、「GMO SSP」との接続を開始 ネイティブ広告枠を大幅強化へ
GMO NIKKO、ノーマーク社と新会社「GMOパフォーマンス」を設立 アフィリエイト広告事業を拡大
LINEがCyberACE、GMOアドパートナーズ、ソウルドアウトと戦略的パートナーシップ契約を締結
GMOデジタルラボとインターゾーン、自動車業界特化型アプリ制作サービス「gNOTE+」を提供!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング