SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、デジタルコンテンツを体感できるショールームを浜松町にオープン ビューティーテック注力の一環

 資生堂は5月13日(月)に、最新デジタル技術を活用したビューティーに関するコンテンツを体感できるショールーム「S/PRESS」を浜松町にオープンする。

 チームラボが手がける大型タッチパネルや、IoTを活用したスキンケアシステム「オプチューン」などを展示し、来場者が自分に合った商品や美容情報を見つけられる出会いの場を提供する狙い。また、ここで得た顧客の反応をアプリ開発などに活かし、デジタル領域の更なる強化につなげるという。

 近年、新技術を活用した美容を指す「ビューティーテック」が新たなトレンドの一つになるなか、資生堂は中長期計画「VISION2020」においてデジタル領域を柱の一つとして強化。ECサイトと店頭の連携やCRMの強化に加え、顧客が活用できる様々なデジタルコンテンツを発表し接点拡大に取り組んでいる。

 この度オープンする「S/PRESS」では、資生堂のデジタル技術に関する先進性を印象付けるとともに、各コンテンツ利用データの取得やベータ版試用などを通じて今後の開発に活かすという。日本事業を担当する資生堂ジャパンが2019年5月に移転した浜松町の建物内にオープンするため、同社のマーケッターやアプリ開発者が日常的に顧客の反応を直接知ることができるようになっている。

 オープン時間は、11:00~19:30で、土曜日・日曜日・祝日は休館。

【関連記事】
資生堂、「LINEで美容相談」サービスに「AIみみちゃん」を導入 24時間365日美容相談が可能に
資生堂、アリババと戦略業務提携を締結 中国・杭州に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施
アイスタイルと資生堂「ワタシプラス」の協業プロジェクトが始動 コト軸でコンテンツ・体験を提供
テレビCMと動画広告の最適な接触回数とは? CyberBullと資生堂ジャパンが共同検証を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/10 17:55 https://markezine.jp/article/detail/31018

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング