SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

奥谷さんと学ぶ、"勝てる"マーケティング思考

5G時代の動画活用のヒントを、BtoB企業とD2C企業に見る

 小売業のマーケティング活動では、デジタルとリアルを融合した真の意味での顧客体験を創造することの重要性は理解されており、お客様視点での体験をどう設計するかが盛んに議論されています。しかし、「コンビニ24時間営業問題」「店舗スタッフのEC忌避」などの問題を見ると、優れた顧客体験の提供を支える店舗スタッフの体験を改善することが求められる時期が来ていると感じます。

コンテンツ提供で求められる今まで以上のスピード感

Adobe Stock/Monet
Adobe Stock/Monet

 3月、筆者は米ラスベガスで開催された「Adobe Summit 2019」に初めて参加しました。このカンファレンスはAdobe Analytics、Adobe Target、Adobe Experience Managerなどのデジタルエクスペリエンス製品をテーマにした年次カンファレンスです。

 初日の基調講演がマーケティングではなく、顧客体験の話で始まったことには驚かされましたが、後で調べてみると、アドビは2016年のAdobe Summitからエクスペリエンス(体験)をテーマにカンファレンスを開催していました。

 カンファレンス全体を通して印象に残ったことは多々ありますが、ここで一つだけ挙げるとすると「コンテンツベロシティ」というキーワードになるでしょう。アドビはこの言葉を「より多くのコンテンツを迅速に作り出し、適切なターゲットに届け、パフォーマンスの結果につなげること」と定義しています。顧客体験の設計でコンテンツベロシティの視点はとても重要です。事例セッションで登壇した複数の企業のリーダーがスピードの重要性を指摘していました。

 たとえば、Vans、Timberland、The Athlete's Foot、Platypus、Hype DC、SKECHERSなどのシューズブランドを擁するオーストラリアのフットウェア企業Accent Groupの事例セッションで、CDOを務めるMark Teperson氏は「今のようにオンラインとオフラインを行き来するお客様とのコミュニケーションでは、現在の3~5倍のデジタルコンテンツをタッチポイントから提供しなくてはならない」と述べています。

 つまり、お客様がどこにいてもデジタルでつながることができる時代、店頭のVMD(Visual Merchandising、ディスプレイで視覚に訴えるマーケティング)や交通広告とFacebook広告を差し替えるスピード感はまったく違ったものが求められるということです。オフラインを中心にビジネスを展開する伝統的な企業ほど、お客様一人ひとりにデジタルコンテンツを提供するスピード感の重要性を改めて再認識してもらいたいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
BtoCからBtoBに拡がる動画活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
奥谷さんと学ぶ、"勝てる"マーケティング思考連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥谷 孝司(オクタニ タカシ)

オイシックス・ラ・大地株式会社 専門役員COCO(Chief Omni-Channel Officer) 株式会社顧客時間 共同CEO 取締役 株式会社イー・ロジット 社外取締役 株式会社Engagement Commerce Lab. 代表取締役1997年良品計画入社。3年の店舗経験の後、取引先の商社に出向しドイツ駐在。家具、雑貨関連の商品開発や貿易業務に従事。帰国後、海外のプロダクトデザイナーとのコラボレーションを手掛ける「World MUJ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/31209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング