SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、クリエイターのオーガニック投稿を広告配信できる「ブランドコンテンツ広告」を発表

 Instagramは6月4日、クリエイター(インフルエンサーおよびパブリッシャー)が投稿したオーガニックのブランドコンテンツを、協業関係にある企業が広告配信できる「ブランドコンテンツ広告」の提供を開始した。

 ブランドコンテンツ広告はクリエイターのアカウントから配信され、アカウント名の下に「広告(英語ではSponsored)」と表示されるのに加え、利用者がクリエイターと企業の協業関係を簡単に理解できるよう、キャプション欄の冒頭に「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と明記される。

 ブランドコンテンツ広告を利用することにより、企業は自社のブランドストーリーをクリエイターの声を通して発信し、新規顧客にリーチしたり、投稿の効果測定をしたりすることが可能になる。また、Facebookの広告プラットフォーム内のツールを活用することで、自社のアカウントや協業しているクリエイターのアカウントをフォローしている人々以外のターゲット層にもリーチすることが可能となる。

 ブランドコンテンツ広告は、現在一部の企業を対象に提供を開始しており、今後数週間以内にすべての広告主が利用可能になる。さらに、今後数ヵ月以内にInstagramストーリーズ内でもブランドコンテンツ広告が利用可能になる予定だ。

【関連記事】
Instagramのショッピング機能、インフルエンサーの投稿内でも利用可能に
花王のサクセス24、西野七瀬氏コラボで24時間限定・24日間連続のInstagramストーリー配信
misosil、ストーリーズ対応のInstagram分析サービス「Tofu Stories」を提供
広告主らが広告フォーマットに魅力感じるのはFB・Instagram【デジタルインファクト調査】
トライバル、Instagramのストーリーズ投稿を収集・レポーティングする新サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/05 16:45 https://markezine.jp/article/detail/31233

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング